未来を見つめて・・・
42歳で乳がん告知(Stage II-b)。米国シアトル在住のサラリーウーマンが、乳がんと闘う記録。





2010.11.17 化学療法について


10月29日 オンコロジストとのアポ

術後の病理結果が出てから初めてのアポイントだった。

センティネルリンパ節に1つ転移が認められたので、抗がん剤の化学治療は覚悟していた。

リンパ節に認められた転移はたった1つだったけど、私はセンティネルリンパ節以外のリンパ節郭清をしていないので、他のリンパ節に転移があったのかどうかはわからない。

執刀医の判断で、他のリンパ節に転移があったとしてもその数は少ないだろうと予想し、抗がん剤をやるのなら取り除く必要はないと判断された。
というのは、リンパ節郭清をするとその後一生リンパ浮腫になるかもしれないという危険があるので、そのリスクを負ってまでこれ以上リンパ節を削除するほうがリスクが高いと判断された。

それにリンパ節郭清すると傷の治りも遅くなるし、乳房摘出より痛みもあると聞いていたので、このDr. Chaoの決断は私にとっては嬉しかった。

でも1つでもリンパ節に転移が認められた以上、再発や遠隔転移のリスクを考えなければならない。

乳がんは手術で切り取っただけでは終わらない病気。
抗がん剤治療はがん患者の殆どの人が通らなければいけない道なのだ。


Dr. Chenは分かりやすくグラフなどを使って、私の年齢、がん細胞のタイプ(T2N1。核グレード3。両ホルモン+)で抗がん剤を使った場合と使わなかった場合の再発率、生存率の違いを詳しく説明してくれた。

アナリストという仕事柄、統計に基づいたエビデンスとかを見せられると、つい納得してしまう。
ドクターがそれを見込んでこの資料を持ってきたのかどうかは分からないケド、やられたっ!って感じ。(^^;


無治療だった場合の10年間の再発率は68%で推定死亡率は45%。

ホルモン治療のみだと10年間の再発率は49%、推定死亡率は33%。

抗がん剤+ホルモン治療だと10年間の再発率は29%、推定死亡率は20%以下になるらしい。


それでも30%も再発する可能性があるんだ・・・と思うとゾッとした。
この30%、もしくは死亡率の20%に入りたくないとは思うけど、こればかりはどうしようもない。
乳がん患者として一生再発の危機を持って生きていかなきゃいけないのか。
本当にとんでもない病気になっちゃったんだな~と今更ながらに思う。

そして予想通りドクターは抗がん剤を勧めると言われた。

「私もそう言われると思ってました」とあっさり承諾。


もしリンパ節に転移がなかったらオンコタイプDXというしこりにあるがん細胞の遺伝子の検査をして再発の可能性をスコアで判断するというテストをするはずだったんだけど、リンパ節に転移が見つかったためオンコタイプDXは「やっても無駄」という事であっさり却下。

このオンコタイプDXテストは最近日本でも出来るようになったらしい。
でも日本では保険でカバーされないので全額自己負担で50万円近くかかるらしいと聞いた。
アメリカでは(というか、私が入ってる保険では)全額カバーされる。

ここ数ヶ月の間に色々な乳がんに関するブログなども読んだけど、1つ驚いたのは日本ではがん保険に入っていないと自己負担額がかなり大きくなってしまうらしい。
私は今までの治療費のほぼ全額保険でカバーされたため、自己負担は大した額じゃない。
ちなみに全摘手術で私が支払いをしたのは入院もしていないしCo-Payの$100のみだった。
治療のことだけで精神的にもストレスがMaxな時に、支払いの心配をしなくて済む保険があって、本当に私はラッキーだったと思う。

もう1つ勧められた検査はDNA(BRCA)遺伝子の検査がある。
本当はこの検査を手術前にやっておくと良かったんだけど、私の場合はMRIの検査で戸惑ったりしていたので術前には出来なかった。
この遺伝子の検査で変異したBRCA遺伝子が見つかると、乳がんの他にも子宮がんや卵巣がんにかかる可能性も高くなるので、早めにそれなりの対応をしなければならない。
極端な人だと、まだ何も癌が見つかってないのに両胸全摘、さらに子宮も卵巣も取ってしまう人もいるらしい。
それで将来の心配をしなくて済むならそういうラディカルな対応もありかもしれないけど、私はそこまで出来ないな~。
でも自分は今まで癌家系でもないし、胸も大きくないし、乳がんなんて一生かかるはずがないと思っていた。
それでも気がついたら乳がんにかかってしまったわけだし、検査をして自分がハイリスクだと分かれば早めにきちんと検査をすることも出来る。
ハイリスクじゃないと分かれば気持ち的にも楽になる気がするので、この検査も受けてみるつもり。
検査自体は採血するだけだけど、これも保険が利かないと$4,000位(約50万円)ほどかかるらしい。
念のため保険会社に確認したら、この検査も全て100%カバーされると言われた。良かったぁ。


Dr. Chenの勧める化学療法はタキソテール(Taxotere)とエンドキサン(一般名:シクロフォスミド Cyclophosamide)を使ったTC療法で、3週間に1度の投与を4サイクルと言われた。
これは術前にしこりを小さくするために抗がん剤をやろうかと相談していたときに勧められた療法と全く同じ。

私はまだ術後10日で、傷口もまだ傷むしドレーンも取れていない状態。
抗がん剤を使うと体の抵抗力(白血球)が減ってしまうため、抗がん剤は傷が治ってから始めましょうということになった。

ドクターから言われた典型的な副作用は、

吐き気
食欲不振
脱毛
倦怠感
生理不順または閉経
手足のむくみ
関節痛・指先のしびれ
口内炎

など。

吐き気などは予め薬を投与の前日と次の日に飲めばかなり防げると言われた。

やっぱり一番気になるのは・・・脱毛。
私(日本人)に合うウィッグなんてこの辺で見つかるのかしら?
でも仕事に行くにはやっぱりウィッグが必要だし・・・。
探してみなくっちゃ。

Dr. Chenと2週間後位にもう一度連絡を取って、投与を始める日を決めましょうと言ってアポ終了。


後日病院のスタッフから連絡があり、11月半ばにDr. Chenが一週間休みを取っているので、その前かその直後でないと予約が出来ないのですが・・・と電話がかかってきた。
Rとも相談して、サンクスギビングの直前に第一回目を始めれば、ちょうど祭日で4連休になるからサンクスギビング前日に始められたら良いね~と話していたので、早速その日に予約を入れてもらった。


というわけで、第一回目の抗がん剤投与が11月24日に始まることになった。

不安がないわけじゃないけど、1つ1つ、一歩ずつ、クリアしていこうと思う。



2010.11.25 1st TC 投与


今週は月曜から雪が降って、市内が殆どシャットダウン。
私は雪が酷くなる前に午後早めに会社を出たので、それほど時間がかからずに帰宅できたけど、5時頃まで会社に残ってた人は帰宅するのに3~5時間もかかったらしい。
同僚はバスに3時間、その後我慢できなくなってバスを降りて1時間かけて歩いて帰ったらしい。
夜11pmのニュースを見ていたら、高速はまだ車がぎっしりで動けない状態になっていた。
早めに帰宅して良かったぁ~。

雪が降った後、月曜の夜の最低気温もマイナス10℃以下で昼間でも零下だったので道路が凍ってしまい、学校は閉鎖になるし数日は殆どどこにもいけない状態。


11月23日 投与前日

火曜日は自宅から仕事・・・のはずが、次の日から抗がん剤が始まる緊張もあって、ネットサーフしながら色んな人のブログの体験談などを読んじゃってちっとも仕事が進まなかった。

昼間はお日様が出ていたので、雪景色がとっても綺麗でちょっと気持ちが癒された。
夕方に寒くなり過ぎる前に買い物に出て、お腹に優しそうな食材をゲット。
大きい道路は車が通ったあとで雪も残ってなくて運転もなんとか大丈夫だった。
ついでにモールにも寄って、ニットの帽子もゲットした。

タキソテールのアレルギー反応を防ぐためのステロロイド系のDexamethasone(デキサメタゾン)という薬を朝と夕方に2回飲んだ。
ウィキピディアで調べたら抗がん剤による遅発性嘔吐を抑制させる作用もあるらしい。
ステロロイドなので、飲むと頭が冴えてくるような、脳みそに血液が異常に送られているような変な感じ。
こういう薬が癖になるのが分かったような気がした。
2回目は夕飯の後、7時前に飲んだので11時過ぎても目が冴えて眠くならない。
明日は早起きしなきゃいけないのに~と思いながら、12時過ぎにやっと就寝。


11月24日 1st TC 当日

朝8時半にアポイントだったので、道路の渋滞を気にして早めに起きた。
ニュースを見るとまだ仕事を休んでいる人が多いのか、道路はガラガラの様子だったけど念のためアポの1時間半前に家を出た。

まずはDr. Chenと会い、最後の確認。
予想される副作用をもう1度確認して、食べて良いもの(殆どの食品)と避けたほうが良いもの(生もの等)を教えてもらった。

当分お寿司はダメだって。ちぇっ!(><)

今日は初めてなので、血液検査はなしでOKと言われた。
一ヶ月前に採血したのと変わらないと思うから、わざわざもう1回採らなくてもよいらしい。
ま、ドクターがそう言うならいいかっ。

今日1つだけ確認したかったことは、放射線の必要があるのかどうかと言うこと。

執刀医だったDr. Chaoも放射線のことを1度だけ口にしたことがあり、腫瘍が胸壁に近かった場合等は全摘をしても放射線をした方が良い場合があるから、同時再建はしないで術後の病理結果を待ちましょうと言われた。
結局、病理結果が出てから放射線のことは何も言われていなかった。

なのでもう一度 Dr. Chenに確認しておきたかった。

ドクターによると、腫瘍のサイズ(複数あった場合は合計の大きさ)が4~5cmあったり、胸壁に近かった場合は放射線を勧める。
またはリンパに4つ以上の転移が認められた場合も放射線を勧める。

私の場合は、MRIで見つかった右乳房の腫瘍の反対側にあった「怪しい箇所」は結局シロだった。
そして腫瘍も胸壁まで十分のマージンを切り取れた。
リンパもセンティネルリンパ節しか取ってないけど、見つかった1つはまだリンパのカプセル内だけだったし、他のリンパに4つ以上あることは「Very Unlikely」なので放射線は必要ないと判断すると断言してくれた。
多分ないでしょう・・・じゃなくて、はっきりと言ってくれたので安心した。

受付に戻ると、ナースが出てきて「コーヒー、紅茶、ジュースはいかがですか?」と聞きにきてくれた。
ここは病院だよね?と一瞬びっくりしたけど、アップルジュースを頂いて自分の番を待つ。

投与をする部屋は明るい部屋にリクライナーが4つあり、窓際の席に座る。
ベッドがある部屋もあった。
1人に1つずつTVが与えられて、DVDも自由に借りられる。
キッチンにはサンドウィッチ、飲み物、フルーツ、プリンやアップルソースなどがあり、何でも好きなものを取って良いらしい。

なんだか病院じゃないみたい。

両腕を温かいタオルで温めてくれてから点滴の針を入れる。
チクッとしただけで、一発で開通!

今も針が刺さった跡がわずかに分かるだけで、あざにもなってないし腕の痛みも全くない。
上手にやってもらえて感謝。

投与は全部で3時間半ほどかかったけど、気持ち悪く事もなくアレルギーのリアクションもなく無事終了。

投与中にRが病院のカフェテリアでチキンスープを買ってきてくれたのをちょっと食べたら、妙にしょっぱかった。
すでに味覚がおかしくなってるのかな?
それとも塩が多めに入ってただけなのかな?(謎)

病院を出てからも元気があったので、スーパーに寄って食べられそうなものの買出しなどをして帰宅。
家に帰ってきてからお茶漬けと作りおきしてあったレンコンと人参のキンピラを食べてみた。

お茶漬け - Good!
でも後でドクターにもらった紙をみたら「緑茶」は抗がん剤の効き目を減らしてしまう成分が入っているから良くないらしい・・・と書いてあった。(汗)

キンピラ - NG 
レンコンは味がしなくてダンボールを食べてるみたいだった。人参はまぁまぁOK。でも味が違った。

アップルソース - まぁOK。口の中がイガイガしてるのが落ち着く気がする。

水もなんだか変な味がする木がして、スポーツドリンクを飲んでみたけどこれは甘過ぎ。
なのでスポーツドリンクと水を半分ずつに薄めてみたらまぁまぁ行ける。
水分補給はコレかな。

こんなに早く味覚異常が起こるのはちょっとびっくりした。
その後もお腹がすかない感じ。
でもお腹がグルグル言ってるから、食べようと思えば食べられそう。
吐き気は全くなし。
でもこの程度ならラッキーと思うべきなんだろう。

まだまだ先は長いので、食べて美味しいと思えるものを見つけられるように、その時の気分で試してみよう。


2010.11.28 副作用


水曜日に抗がん剤一回目の投与をして、今日で5日目。
すこし体調が落ち着いてきた。

投与直後は(薬のせいで)元気だったし吐き気等もなく、「何とかなりそうじゃん?」なんて思っていたけど、やっぱり甘かった。


吐き気はまったくなかったけど、食べたいものがつかめず、お腹がすいてるのかも分からないような状態が続いた。
とにかく食べてみて味を受け付けるものだけ食べた。
少しでも何か胃に食べ物が入るとお腹も落ち着くような気がした。

食べてもOKだったモノ:
シリアル&豆乳
ご飯とお味噌汁
フレンチトースト
夫が作ってくれたポテトサラダ - これはイケタ!
チキンスープ
ジャガイモ、ブロッコリー、ズッキーニの炒め物


あと3日間は便秘に苦しんだ。
薬も飲んでたんだけど、全然効かず辛かった~。
もっと便秘を防げる食材を考えなきゃな・・とは思うけど、体が何を受け付けるのか食べてみないと分からないし、やっぱり薬に頼る以外ないのかな?

これはドクターにも今度聞いてみよう。

術後もそうだったけど、やっぱり便秘はツライ。


2日目から出てきたのが関節痛というか、カラダ全体の痛み。
高熱が出たときに体中が痛くなるような痛みで、肩、背中、腰、足、もう全部がイタイ。
寝てても座ってても、何しててもジンジンと痛みがあり余計に体がこわばってしまった。

昨日の夕方、Rが「ちょっと外へ出て新鮮な空気を吸ったほうがいいよ」と車でドライブに連れ出してくれた。
その時はちょっと体の痛みも和らいだ気がした。
きっとじっとうずくまって寝てるより、体を動かしていたほうがいいんだろうな。
痛み止めを飲んで良いのかもわからずに、薬も飲まずにずっと我慢してしまったから余計に辛かったのかもしれない。
痛みがあると口を利くのも面倒になり、気持ちも凹んでくる。

寝る前に痛み止めの薬(ibuprofen)を飲んで寝たら、今朝は少し体が楽になっていた。
これは時間が経ったからなのか、薬が効いたのかは分からない。


喉の痛みがまだある。
風邪の前に喉がイガイガするのと似てる。
喉の奥が荒れてる感じで、唾を飲むのも痛い。
喉のイガイガ感をちょっとすっきりさせてくれるので、飲み物はジンジャーエールばかり飲んでいる。


サンクスギビングの連休も終わり、明日から出勤。
もうピークは過ぎてくれたなら良いんだけどな。


2010.11.29 たかが喉荒れなのに


昨夜は喉が腫れて、唾を飲むのも辛かった。

風邪薬を飲んでいいのかどうかも分からないし我慢するしかないのかな・・・とドクターにもらったしおりを見ていたら、「こんな症状があったらナースセンター(24時間営業)に電話をすること」と書いてある中に「喉の痛み」も入っていた。

確かに免疫力が下がっているのでちょっとした風邪でも大変なことになってしまうこともありえる。

でも、たかが喉荒れ・・・

まぁ、電話してナースに聞くだけならと、夜10pm頃に電話してみた。

唾を飲むのもイタイんです  と、ちょっと弱っちい声で言ってみたら、ナースが念のために救急病院へ行って診てもらった方がいいと思うなんて言い出したんで、慌てて「あ、大したことないし我慢できないほどじゃないんですよ。鼻から息してれば大丈夫だし。」と言うと

「抗がん剤投与してるんだから、大したことないなんて事はないんです!」と強く言われてしまった。

・・・ハイ。ごめんなさい。

でも本当に今から救急へ行っても待合室で4-5時間待たされるのがオチだから、救急へは行きたくなかった。

病院へ行かずに風邪薬とか他に何か飲んだりして症状を和らげる方法はありませんか?と聞くと、普通の鎮痛剤(Tylenol)飲んでも良いと言われたので、寝る前に2錠飲んで寝た。

朝起きたら、まだ痛いけど、ちょっと良くなった感じ。
ちょっと体はだるいが、それは副作用じゃなくてきっと単に「月曜の朝だから」ってヤツ。

そしたら通勤途中に病院(ファミリードクター)から電話がかかってきて、昨夜24時間ナースに電話をしたようだけどやっぱり一度ちゃんと見たほうが良いから、今日の午後様子を見せに来て下さいと言われてしまった。

仕方なく、夕方にアポを取り、仕事を少し早く切り上げて病院へ。

たかが、喉荒れなのに・・・ナースセンターに電話なんてしなきゃ良かったよ。

ファミリードクターがオンコロジストのDr. Chenとも連絡を取ってくれて、予想される原因、処方できる薬なども確認してくれた。
アメリカの病院は専門部門によって全てが分かれているので、抗がん剤治療を扱うのはオンコロジストのDr. Chenだけど、普通の風邪とか健康診断ならファミリードクターが診てくれる。
でもファミリードクターはがん治療の専門ではないので、副作用などについても患者と同じ程度しか知識はない。(と言ったら失礼かもしれないけど、下手したら患者のほうが自分で色々と調べてるし体験してるので詳しいかもしれない。)


結局、喉に口内炎が出来てるのかもしれないので、念のため薬を出してもらい、血液検査もしてもらい(白血球が異常発生していなかを確認したかったらしい)うがい薬をもらってきた。

こんなに薬ばっかり飲んでたらまたBen-P(便秘)になりそう。(苦笑)

病院を出たのは5時過ぎてた。
たかが喉荒れに、約2時間の診察。なんだかなぁ~。


抗がん剤投与後、初めてお腹がすいたと思えたので、Rとイタリアンで外食して帰ってきた。
お腹がすいていた割には大して食べられなかったけど、やっと人間様の食事にありつけて嬉しかった。

ちなみに、今日病院で体重を測ったら、投与日からの5日間で4パウンド(約1.8kg)減っていた。

もう1つびっくりしたのが、採血をしてもらった後に絆創膏を取るとガーゼにすごい量の血が付いていた。
今まで採血だけなら血の跡はポチっと小さいのが付いているだけだったのに、やっぱりこれも抗がん剤のせいなんだろうな。



2010.12.01 免疫力低下中


喉荒れはやっぱり口内炎だったみたい。

薬が効いたのか、喉は大分楽になったけど口の中が荒れてて痛い。
あちこちに口内炎が出来てるし、舌も荒れている。

さらに、困ったのが 吹き出物

花の高校生時代にもほとんどニキビさえ出来なかったのにぃ~。(><)


Rが私の顔を見ていきなり

「鼻の横に富士山みたいにデカイ吹き出物が出来てるよ!」だと。

知ってるよ・・・と答えると

「そうだよね。だって1マイル離れたとこからでも見えるくらいデカイよ。」 


結婚してもう14年。
普通の時だったらこういうアメリカ人的ユーモア感覚を軽くかわせるんだけど、さすがにカチンと来た。
これ以上何か言ったら本気でぶん殴るぞ・・・という殺気を感じたのか、突然態度が優しくなって

しょうがないよ。体の抵抗力が下がってるんだから。

とフォローをしてくれたけど、朝から凹み気分。


焼きバナナにアイスクリームを乗せて、焼きバナナサンデーにして食べてみた。
結構美味しいじゃん。

焼きバナナの効果がありますよーに。



Profile

ミライ

Author:ミライ
横浜出身
アメリカシアトル在住

■ 2010年8月
42歳で浸潤性乳管がん Stage IIbとの診断を受ける。
タイプ:ER(+) PR(+) HER2(-)

■ 2010年10月
右乳房全摘手術

■ 2010年11月~2011年2月
Chemo Therapy(TC療法)

■ 2011年02月~現在
ホルモン治療中

Calendar

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Latest Journals

Latest Comments

Monthly Archive

Category

Link

Blog Ranking


辛かった時、ここで一緒に闘っている仲間に助けられながら乗り切りました。

応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

Mail Form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Counter

QR Code

QR

Search Form

Display RSS link.

Powered by FC2 BLOG

Let's start blogging!!

Powered by FC2 Blog