未来を見つめて・・・
42歳で乳がん告知(Stage II-b)。米国シアトル在住のサラリーウーマンが、乳がんと闘う記録。





--.--.-- スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011.02.27 ホルモン治療開始


先週Dr. Cと電話での問診があり、その時にホルモン治療のためのタモキシフェンを処方してもらった。
今週雪が降って自宅から仕事をした日の午後に病院へ行って薬をもらってきたんだけど、まだ足の痺れも抜けないし蕁麻疹も出ているので抗ヒスタミン剤はまだ毎日飲んでいる。
もう少しだけ薬なし(効ヒスタミン剤以外)の生活をエンジョイしたかったので、タモキシフェンを飲み始めるのを勝手に今日まで遅らせてみた。
一週間くらい遅らせただけなら大丈夫だよね???

抗がん剤の影響で卵巣が抑制されて、2回目の投与後に生理があったのが最後でそれ以来生理も止まっているんだけど、12ヶ月連続で生理がなくなるまで正式に閉経とはならないそうで、私の場合は閉経前に使う薬のタモキシフェンしか今はチョイスがない。

でも卵巣抑制の影響でChemoの最中からホットフラッシュがあり、最後の投与から4週間たった今でも一日に何度もカーッと暑くなったりする。
ってことは、もうこれは完全に更年期の症状なんじゃないの???なんて思ったり。
このまま閉経しちゃってくれたほうが楽チンだよな。

Dr.Cからとりあえず1年間タモキシフェンを飲んでみて様子を見ましょうと言われた。

どんな副作用がでるのか・・・これからのお楽しみって事で。

ホトフラ以外に心配なのは、体重管理。
ってか、痩せないと。〔汗)
まだ飲み始めてないのに食欲旺盛だし、マジで気をつけないとヤバイよ~~。

でも病院でもらった副作用が書かれた用紙には「体重増加」じゃなくって「体重減少」って書いてあった。

そうなの???

乳がん以外のがん患者さん(内臓系)ってやっぱり食事を取るのが大変で一気に痩せてしまう人が多い気がするけど、乳がんの場合は食事を取れないのも一時だけだからね・・・。

面倒な事が多いわ、ホントに。
でも普通に食事が取れるだけでもありがたいと思わなきゃいけないんだろう。
これから食生活はきちんと考えていかなきゃいけないなぁ~。


Dr. Cはホルモン治療中は4ヶ月に一回問診でチェックアップして、1年に1回健側のマンモをするように言われた。
マンモを半年に一回やりたいと言ってみたけど、もし健側に乳がんが出来たらそれは再発ではなく新しい癌なので、半年に一回やる必要はないと言われてしまった。
特にBRCAのDNAテストでも遺伝性のハイリスクはないと言われたので、健側に新しい癌が出る確率は一般人と変わらないので、標準の一年に一回の検査で十分という判断らしい。
そして術前にCTと骨シンチをやった時点では体の他の部分への転移は見られなかったし、これ以上スキャンなどをする必要もないと言われた。

もし再発した場合は問診だけじゃ分からないんじゃないか?という不安があって聞いてみたけど、もし何か痛みなどの症状があれば検査するけれど、自覚症状がなければ血液検査もしないらしい。

でも抗がん剤の効き目があったのかどうかはどうしたら分かるんですか?と聞くと、Dr. Cは「アジア人は長生きする傾向があるから、80歳になっても元気でいられたら抗がん剤が効いたって証拠でしょう」と言っていた。(笑)

いや・・・そんな事言われても・・・。80歳まで待たなきゃいけないの?
私が80歳になるまでには癌にならないための予防注射とか開発されてる事を願いましょう。


確かにホルモン治療も再発の可能性をなくすための治療なんだけど、本当に何の検査もしなくていいのかな?

アメリカの他の病院でもみんな同じなのかどうか分からないけど、日本の場合はどうなんでしょう?

もし遠隔転移があった場合は、完治する事が出来ないから早期発見しても意味ないって事なのかな。

なんか、不安・・・。


最悪の状態は考えたくないけれど、これから10年、いや一生、常に頭の片隅に再発・転移の恐怖を抱えて生きていかなきゃいけないんだと自覚した瞬間だった。

スポンサーサイト


2011.04.10 ホトフラ


ホルモン治療は副作用が出るほど効き目があるという証拠・・・と聞いたけど、やっぱり気休めなんじゃ?と思ってしまうあまのじゃくな私。

やっぱり一番の副作用はホットフラッシュ。
いつでもどこでも所構わず予測もなしに出てくる。

家ではコットンのケア帽子またはハゲちょびん全開なのでまだ楽なんだけど、日中会社でウィッグを着けたままさりげなくおでこの汗を拭いている。
服装もなるべく重ね着にしているけど、いちいちカーディガンなどを脱いだり着たりするのが面倒くさい。
たまに手に持った書類でこっそり顔を扇いだりもしてる。(笑)

夏になったらどうなるんだろう?
でもオフィス内は冷房が効いているから少しはましになるのかな?
ホトフラが引くと一気に寒くなったりしそうだから、やっぱり夏の間も重ね着かな。
幸いシアトルの夏は湿気がなく過ごしやすいのがせめてもの救いかもしれない。

しかしこのホトフラはホルモン療法中の5年間ずっと続くものなのかしら?
それともある時期過ぎたら治まるものなの?
5年間も毎日ホトフラと闘っていかなきゃいけないの?
それとも慣れちゃうのかな?

この辺りは数ヵ月後にドクターに会いに行く時に聞いてみよう。

あとは肩こり(特に術側)がひどくなったような気がするけど、関節痛はあるようなないような、微妙な感じ。
膝の上辺りが立ち上がったり階段を上ったりする時にちょっと痛むけど、ジムで運動も出来てるし、単にChemo終了後に体重が増えたから??と思えなくもない。(苦笑)

最近は怖くて体重計に乗れない。
更にもともと甘党だったんだけど、最近はやたらと口が甘いものを欲してしまう。
しかも食後=寝る前にチョコレートとか甘いものが食べたくなるんだよねぇ。
最近はまってるのはカリントウ。
お友達に日本から持ってきた美味しいカリントウを頂いてしまった。(Sちゃん、ありがと!)
この悪循環をなんとか改善せねば!


相変わらず生理は戻らない。
ってか、もうこのまま戻ってくれない方がいいかも。
生理が戻ってまた数年後に本物の更年期で同じようなホトフラ&関節痛を経験しなきゃいけないなら、このまま閉経してくれたほうが楽チンだし。

でも生理がないからと言ってPMSがなくなるわけではないらしく、最近の私は何だかいつもイライラしてる。
Rにも「最近オレは何やっても文句を言われる」(I can't do anything right)とかイヤミを言われてしまうほど、つい文句ばっかり言ってしまう。
とりあえずRにはホルモン剤飲んでるんだから仕方ないでしょ!(って何が?)と言い訳してるけど、単に八つ当たりしてるだけなのかな。

体は回復して元気になってきてるのに、鏡でハゲちょびんの自分を見るたびに現実に引き戻されて気持ちが凹むのもあるのかもしれない。
私やっぱり髪の毛伸びるの遅過ぎ。(涙)
未だに1ミリあるかないか程度しか伸びてないし・・・。

今まではこういうイライラが来たり気持ちにムラが出てmoodyになり始めると自分でも「あ、そろそろ生理がくるな」って分かったんだけど、生理もないのにず~~~っとPMS状態なのもホルモン療法のせいなのかな?

これもきっとDrからは聞いていなかったホルモン療法の地味な副作用ってコトにしておこう。


ホルモン療法はChemoに比べたらはるかに楽だけど、こんな地味な副作用がずっと続くのかと思うとちょっと憂鬱になる。

5年って、やっぱり長いよな~。


ブログ村デビューしました♪
ポチッとよろしくお願いします♪
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

2011.07.17 タモの飲み忘れ


ホトフラや関節痛が日常の一部になってきたこの頃。
関節痛は特に朝起きてすぐの時、膝と足首ががキツイ。

あと蕁麻疹が今でも1週間に2回くらいは出るので、抗ヒスタミン剤も手放せない。

相変わらず生理は戻らない。
このまま閉経可能性大だな~。
まぁ、それならそれでいいけど。
特に旅行の前に生理の心配をしたくて済むのはとっても楽チン!と実感した。


でも一番大事なタモキシフェンを1日2錠必ず飲まなきゃいけないのに、つい忘れてしまう。
本当はきちんと時間を決めて飲むものなんだろうけど、朝の10時頃だったり夕方だったり、全然決まってない。

あれ?今日はなんだかホトフラが少ないな~と思った瞬間、「あ、タモ飲み忘れた!」と気がつくことも良くある。(^^;)

それとか、夕方くらいになって「あれ?今日はもうタモ飲んだんだっけ?覚えてない!」ってな事も良くある。

アメリカの薬は一錠ずつ包まれているわけじゃなく、ボトルに90日分がまとめて入っているので残りがどの位あるのか数えるのも面倒。
容器の中の薬が僅かになったら次の90日分を注文するという感じで、とってもアバウト。(笑)

そこでなんとか飲み忘れ&飲みすぎ(?)をしないようにする方法を考えた。

iPhoneのアプリでこんなのを見つけたよ。

app.png

タモを飲んだらその日付をポチッとするとカレンダーにチェックマークが付くの。

チェックマークをつけるまでiPhoneのホームページのアイコンにも”①”と表示されるので一目瞭然で分かる。
タモと抗ヒスタミン剤はいつもバックの中に入れて持ち歩いているので、タモを飲むときにiPhoneも一緒に出して、飲んだらポチッとするようにしている。

それでも飲み忘れてしまう日もあるんだけどね・・・。
これは主治医には内緒。(笑)


本当はバケーションに出る前に主治医に会いたかったんだけど、予約がいっぱいで診察は8月になってしまった。
前回聞いたときは、マーカー値の血液検査もしないしただの問診だけと言われた。
マンモだけは年に一回やってね~と言われただけで、エコーもCTも何にもなしらしい。
受付の人にもフォローアップなら、別に痛いところとか不安な事があるわけじゃなければ急がなくても大丈夫ですよと言われ、8月の予約を取った。

でもあんまりほったらかしにされちゃうのもなんだか不安なんだけどね。


ポチッとしてね♪
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

2011.09.03 主治医の診察


FC2の管理画面、相変わらず調子悪いね・・・
それとも私だけ?

こちらへ帰ってきてから仕事が忙しかったのと、8月末に会社の部署内のセミナーがありそこでプレゼンテーションをしなきゃいけなくてその準備に追われて、なかなかブログをアップする時間がなかった。
・・・と思ったら、自宅のPCがいかれてしまい、あっという間に8月が終わってしまった~。


で、もう3週間位経っちゃったんだけど、日本から帰ってきてすぐに久しぶりに主治医(Oncologist)のDr.Cの診察があった。

アポの時間ぎりぎりに着いたので殆ど待つことなくナースに呼ばれて、Drが来るまでに血圧などのチェック。
抜き打ち検査で体重もチェック。(汗)
もうChemoやってるわけじゃないんだから体重は計らなくてもいいんじゃないの?!と思いつつ体重計に乗らされた・・・
はぁ~~~痩せなきゃ。

ナースが部屋を出て行った後、帽子も取って素頭のままで待ってたらDr.Cが診察室に入ってくるなり「髪の毛伸びたね~。誰だか分からなかったよ」だって。
もうドクター嬉しいこと言ってくれちゃって。(^w^)

タモを飲み始めてから始めての診察だったので、副作用などを聞かれホトフラと関節痛に悩まされてることを伝えると、「まぁそれはみんな同じだね~」とあっさりかわされてしまった。
もう1つ気になっていた蕁麻疹がまた週に2回くらいの頻度で出ることも伝えた。
もう最後のChemoから半年も経ってるから(早っ!)Chemoの薬(タキソテール)の影響だとは考えられない。
タモキシフェンで蕁麻疹が出る人もいるから、タモのせいかもしれない。
それを確かめるにはしばらくタモをやめてみて症状に変化があるかを見てみる事も出来るけど・・・と言われた。

でももしタモキシフェンに対するアレルギーだったとしても正式にまだ閉経していない私は(Chemoを始めてから生理は止まった状態だけど12ヶ月生理がなくならないと正式に閉経とは言えないらしい)タモ以外のチョイスがないし、今タモやめる勇気はない。
とりあえず抗ヒスタミン剤を飲めば収まるのでやっぱりタモは飲み続けま~す。
と、これも一件落着。

今年の12月まで生理が戻らなかったら閉経しているかどうかの検査をして、その結果によってAromatase Inhibitorの薬に変更するかどうか考えましょうと言われた。
こっちの方が関節痛は強く出るらしい。
効果はタモよりもちょっとだけ良い結果が出ているけど、さほどタモと変わりはない。
9年間のサバイバル率はAromatase Inhibitorの方が4%高いという結果が出ているらしい。
(関係ないけど、どの位の差があるんですかと聞いた私に、こういう数値を何も見ることなくさりげなく言えてしまうDr.Cに感心した。ドクターなら誰でも持ってる知識なのかもしれないけど、研究熱心なのは本当に患者としては有難いことです。)

関節痛がひどくなるよりはたまに蕁麻疹が出る方が良いかな~とも思うしビミョウ。
まぁ、これはその時になったら考えよう。

両胸を触診してもらい(右は胸はないんだけど傷跡の周りと腋の辺りを触診)どちらも異常がないこともチェックしてもらった。

最後にもう一回、一番気になっていたことを聞いてみた。
Dr.Cは4ヶ月に1回の診察では問診しかしないと言っていたけど、私が知ってる他の乳癌患者さんは血液検査(マーカー)をしたりCTやPET、骨シンチを受けたりしてる。
本当に何の検査もしなくていいの???という疑問の真相が知りたかったの。

Dr.Chenは自覚症状でどこかが痛いとか異常を感じない限りスキャンをしても意味がないからやらないというスタンス。
それは全米の研究に基づいての判断で、がん細胞が転移していたとしても自覚症状が出てない状態でスキャンで読み取ることはほぼ不可能。
スキャンで見えるくらいの大きさになる前に何かしらの症状が出てくる。
だから必要のない検査を薦めることはしませんと言われた。

その代わり何か異常を感じたらどんな些細なことでも話して欲しいと言われた。
メールでも連絡できるので、聞きたい事や心配なことがあったらいつでも連絡してOKだと言われ、ちょっと安心。
こういうドクターの一言ってとっても有難いなぁ~と思った。
まさに、マジックワードだわ。

あとアメリカでは病院・ドクターによっては患者がスキャンを受けるとドクターに副収入が入るシステムになっている所もある。
そのためにスキャンをオーダーしたがるドクターも多い。
まさにこれはconflict of interestsだよね~。
「私はそういうサイドビジネスはやらないし、医師としてそういう事をする病院で働く気はありませんから」とはっきり言ってくれた。
Dr.Cカッコいいぞ!(笑)

とりあえず安心して元気印をもらって診察は無事に終了。

次は10月に健側のマンモ。
毎年忘れないように第2の誕生日の手術の日に近い日にやることにしようかな。


数日後、ジムのトレーナーさんに関節痛がある事を話したら、glucosamine(グルコサミン)が関節痛に良いらしいと聞いたので、タモと併用しても大丈夫かどうか早速ドクターにメールして聞いてみたら大丈夫との事なので、ダメもとで飲んでみようかな。
あとビタミン剤はビタミンDとカルシウムを薦められたので、これも一緒に飲むようにしようと思う。


こうして少しずつ元気になっていく自分を実感してる。

髪の毛も大分伸びてきて最近はプチ脱ズラしてる。(笑)
幸いシアトルの気候はすっかり涼しくなったからウィッグでも全然苦ではないんだけどね~。

写真をアップしようと思ったのに、FC2の調子が悪いため画像アップが出来ないの。

FC2何とかしてくれよ~~~


久しぶりにポチッとしてね♪

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

2011.11.02 一年目のマンモ


術後一年目のマンモの結果は異常なしだった。

私がお世話になってる病院はオンラインで検査結果を見たりドクターにメールで質問したり出来るようになっている。

病院から「お知らせメール」が来たので、何か見つかったり再検査が必要なら電話で連絡がくるはずだから大丈夫だったんだろうとは思ったけど、一人で会社のPCから見るのが恐くて家に帰るまで保留。(^_^;)

帰ってから食後にRの目の前で自分のアカウントにアクセスして、RにiPadを渡し「やっぱり怖いから先に見て!!」と言ってメールを読んでもらった。

そして異常なしと書いてあるのを自分の目で確認してやっと一安心。


私の主治医はスキャンとかマーカーのチェックもしないんだけど、たかが健側のマンモでこんなに落ち着かないんだから、色んな検査をしてたらその度に何か出たらどうしようと不安になってるかもしれない。
だったら何もしない方が精神的には楽かもしれないね。

次の診察は12月。
抗がん剤で生理が止まって以来戻ってこないんだけど、診察時でちょうど一年近くになるから完全に閉経したのかどうかチェックしてもらい、その結果によって今後の治療法を考える予定。

それにしてもこの頃右膝が特に痛む。
タモの副作用でもいつも同じところが痛むものなのかな?


さてと今日は初のパワーヨガのクラスに挑戦。
ついて行けるかな⁈

頑張って行ってきま~す



ポチッとしてね♪
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

Profile

ミライ

Author:ミライ
横浜出身
アメリカシアトル在住

■ 2010年8月
42歳で浸潤性乳管がん Stage IIbとの診断を受ける。
タイプ:ER(+) PR(+) HER2(-)

■ 2010年10月
右乳房全摘手術

■ 2010年11月~2011年2月
Chemo Therapy(TC療法)

■ 2011年02月~現在
ホルモン治療中

Calendar

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Latest Journals

Latest Comments

Monthly Archive

Category

Link

Blog Ranking


辛かった時、ここで一緒に闘っている仲間に助けられながら乗り切りました。

応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

Mail Form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Counter

QR Code

QR

Search Form

Display RSS link.

Powered by FC2 BLOG

Let's start blogging!!

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。