未来を見つめて・・・
42歳で乳がん告知(Stage II-b)。米国シアトル在住のサラリーウーマンが、乳がんと闘う記録。





2011.10.15 再建手術について


先週行った食事療法についてのセミナーはちょっと期待はずれだったんだけど、またGilda's ClubというNon-Profitの団体が提供してる無料のセミナーで、今週は再建手術についてのセミナーがあったので参加してみた。

後でまた説明するのも面倒だし夫にも知っていてもらいたかったので、Rも一緒に参加してもらった。
案の定、男一人で(セミナーをしてくれたドクターを除く)ちょっと居心地悪かったかな?


再建手術を専門としている医師がいくつかの術法について説明してくれて、その後はQ&Aで参加者からの質問に答えてくれた。
参加者は私も含め6-7人と少なかったので、質問する時間もたっぷりあった。


自分の記録のためにメモしてきたことをまとめておこう。

術法:

1.Tissue Expanderからインプラント
2.Lattissimus Flap法
3.TRAM Flap法
4.DIEP法
5.Gluteal Flap/Tug Flap法


1.Tissue Expanderからインプラント

これが一番体への負担も少なくシンプルな術法。
2次再建でエクスパンダーを挿入する手術は1時間くらいの手術になる。
全摘の傷口と同じ場所を切るので、新しい傷は出来ない。
一般的に術後1週間ほどで普通の生活に戻れる。

その後2回~4回ほど(健側の大きさと希望のインプラントの大きさによって回数は異なる)お水を注入して皮膚を伸ばしてから、4~5ヶ月後にシリコンまたは生理食塩水のインプラントに入替える。
乳首再建&タトゥーも入れると、全ての再建が完了するまでの期間は約1年。

患者の精神的なダメージを軽減するため患者から同時再建の希望が増えてきているが、このドクターは全摘手術後から3~6ヶ月位経って傷がある程度治癒してから2次再建でエクスパンダーを挿入したほうが、最終的に美的な調整がし易くなるため、2次再建を好むとおっしゃっていた。

また術後の病理の結果、全摘でも放射線が必要になった場合は、エクスパンダーは使えなくなってしまうので放射線の可能性が少しでも考えられる場合には同時再建はしない方が良い。

2.Lattisimus Flap法

この方法は全摘後に放射線療法を受けた患者さんに適している。
または温存手術で極端に変形してしまった場合も可能。
放射線治療を受けると皮膚の弾力性が失われ、エクスパンダーで伸ばすことが出来なくなってしまう。
そのため背中の肩甲骨下にある皮膚、筋肉、脂肪を使って術側の胸に移植する。
手術に掛かる時間は2~3時間。入院一日または患者によっては即日退院も可能。(←これはあくまでもアメリカの場合です)
背中の傷は12cm~17cm(5~7インチ)
再建するのに必要なだけの脂肪は背中からだと不十分なので、同時に移植した筋肉の下にエクスパンダーを挿入し、生理食塩水を数回に分けて注入し皮膚を伸ばす。

その後は上のインプラント法と同じ。

背中の筋肉も移植するため術後半年くらいは術側の腕を使うのが不便になることもあるが、半年位すれば以前の状態の戻る。
背中から脇の下を通して血管と筋肉を移植するため、一時的にリンパ浮腫の症状が出る事があるが大抵の場合は腫れが収まれば元に戻る。
すでにリンパ浮腫の症状が出てる患者は、圧縮性のスリーブを使用することを勧める。
一般的に術後2~3週間で仕事に復帰できる。

3.TRAM Flap法

これは腹部の脂肪と筋肉を移植して再建する、いわゆる自家組織による再建法。
腹部の筋肉に繋がっている血管を回転移動し、胸の位置に移植する。
腹部に2つある筋肉の内1つだけを移植するので、腹筋力が落ち1年から2年位の期間は腹筋を使う動作が難しくなるが、術後1年半くらいで80%~90%回復する。
手術に要する時間は片側の場合は3~4時間。
術後の回復には約6週間ほどかかる。
お腹に大きな傷が残る。

両側全摘の場合は腹部の療法の筋肉を移植しなければいけなくなる為、低下した腹筋力は一生戻らない。(約60%程度に低下)
普段の生活でもベッドから起き上がったり、重たいものを持ち上げたりするのに不自由するなど生活に支障も出てくる。
ヘルニアを起こす可能性もある。(3~4%)

4.DIEP法

TRAM Flap法と同じく腹部の皮膚と脂肪を移植するが、血管が繋がった筋肉のほんの一部だけを移植する方法。
採取した筋肉と血管を胸の近くの血管に繋げるために、肋骨の一部も削除される。
手術に要する時間は6~7時間。
このドクターが今までこの術法で一番手術時間が短かったケースでも4時間半かかったと言っていた。
最低でも3日~5日の入院が必要。
血液が移植された胸に送られていることを確認できるまで一日目はICUで過ごす。
血栓が起こったりして血流が安定せず、移植した部分が壊死するリスクがある。(8~10%)
その場合、別の方法で再度再建することはほぼ不可能。
術後の回復時間はTRAM Flapと同じくらい(6~7週間)

腹筋はそのまま残っているので、回復後に腹筋力が低下することはない。

5.Gluteal Flap/Tug Flap法

Gluteal Flapはお尻のお肉を移植する方法。
Tug Flapは腿の肉を移植する方法。
この2つの方法も可能ではあるが、あまり起用されていない。
特にお尻のお肉を使う場合、皮膚が硬かったり脂肪もお腹の脂肪に比べて硬いらしい。
ドクターいわく、自家組織を使うメリットは自然で柔らかい胸を再建することで、痛い思いをして硬い胸を再建しても意味がない。(それなら傷も回復時間も少なくて済むインプラントを使用したほうが良い)


その他:

シリコンを使用した場合、1992年以降に作られたシリコンは性能も耐久性も良く体内で破れたり漏れたりする可能性は少ない。
生理食塩水のインプラントが破れる確立は3~7%
シリコンのインプラントが破れたり漏れたりする確立は1.5%

漏れなどがない事を確認するために3年に1度はMRIでの検査を勧める。
インプラントは10年毎に入替えたほうが良いという説もあるが、これは製造側のrecommendationで必ずしも入れ替えが必要な訳ではない。

再建手術をしてもらうのに良いドクターを探すには、実際に再建手術を受けた患者さんからの口コミが一番。
あとは乳がんの手術の時の執刀医やナースに聞くと、その地域で名の通っているドクターを紹介してもらえるはず。

再建手術のみを専門としているドクターよりも、再建手術も整形手術も両方手がけているドクターを選んだほうが良い。


約1時間半のセミナーで、ドクターから術法などについてのお話が約30分ほどで後は全てQ&Aだった。
少人数だったので質問もしやすく、全員の質問に全て答えてくれたドクターに感謝。

再建はまだ未知の世界だけど、ちょっとだけ考えてみようかな~って気になってきた。

長くなったので、これに関してはまた今度。


ポチッとしてね♪
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

No.97 / 再建 / Comment*10 // PageTop


2012.07.29 再建…するの?


ちょうど2年前の今頃、初めて自分の胸にあるしこりに気付いて「ん?」って思った。

あの時はまさか乳がんだなんて想像もしてなかったなぁ。

2年後の私、あの頃と一番変わったところは、右乳房を失ったこと。
治療もホルモン療法以外は終わって、髪の毛も生えてきて脱ヅラもした。
普通の生活が戻ってきたけど、無くなった胸は戻ってこない。
胸も髪の毛みたいに生えて来てくれたら良いのにね。

全摘を決めた時は絶対再建したいと思ってた。
出来れば自家組織で再建していらないお腹のお肉も取ってもらえば一石二鳥!と思ってたのに、再建は病理の結果を見てからにした方が良いと言われ、同時再建は出来なかった。

時間が経つにつれて、別になくてもいいかな~なんて思ったりもした。
でも、やっぱり毎日手術の傷を鏡でみると、両胸あったらまた自分も「普通の人」に戻れるようなそんな気がした。

片胸がないと不便なこともある。
特に夏は薄着になるし、胸元の空いた服を着れないとか、水着が着れないとか。
日本にだったら温泉に行くのも勇気がいるだろう。
女友達と旅行に行く時も、きっと友達は気にしないよって言ってくれるのは分かっていても私自身が気を使うのが面倒なのでいつもホテルも別に予約をする。

大した事じゃないけどこういう煩わしいコトもあるし、普通の生活が戻ってきてふとした時にやっぱり再建もいいかな~って考えられるようになった。
でもまた手術をして痛い思いをするのはヤダなぁとか、仕事休めるかな?とか、ボス♂にどこまで話そうか…とかも同時に頭に浮かぶ。
再建は必要な手術ではないけれど、自分のQOLのためには必要な事でもある。
セミナーに行ったり自分で色々調べるうちに、回復までの時間的なコトとか考えると自家組織よりインプラントの方が良いかなと思い始めた。


そんな頃、丁度タイムリーにこんな記事を発見。

体脂肪を胸に移植するユニークな整形手術(英語)

日本でも知られていると思うけど、ブラバ方式と言って、体内にエキスパンダーを入れる代わりに、吸引力のあるブラを装着する事によって皮膚を伸ばし血液の循環を促進させ、自分の体脂肪をお腹やその他の部分から取って移植するという方法。
シリコンを使わずに自家組織と同じように自分の脂肪で胸を再建することが出来て、TRAM/DIEP FLAP方のような大掛かりな手術はしなくて済むしこれ以上体に傷を作らずに済む。
体脂肪の移植は一度には出来ないので、少しずつ何回かに分けてやる事のなるけれど、一回の施行後の回復期間も短い。

コレっていいんじゃん??


取り敢えず整形外科ドクターに会いに行くことにして、オンコロジストのDr.Cからreferral(紹介状みたいなもの)を出してもらった。

再建なんてしなくてもいっか・・・と思ってたけど、やってみようかな~って気になってきた。

<続く>


No.123 / 再建 / Comment*4 // PageTop


2012.07.30 再建 アポ


Dr.Cとのアポから1週間位して、Dr.Cが出してくれたReferralが保険会社から認められたという手紙が届いた。

乳がんの全摘手術をした時には再建はこの病院では出来ないので、他の病院に推薦することになりますって言われたんだけど、この2年の間に再建専門のドクターが来たらしく、同じ病院内のドクターを紹介してもらい早速予約をとった。

このドクターは何処から来たんだろうと思ってググってみると、LinkedInで見つけた。
まだ若い先生でResidencyを終了したのが一年半前と出てきた。

うーん、再建は経験で腕が決まると言われるのに、(失礼だけど)こんな新米のドクターにお願いするのはちょっと・・・と思ってしまった。

アメリカは乳がん患者の再建手術はどの術法でも基本的に保険でカバーされる。
でも入っている保険によって行ける病院やドクターの制限がある。
見てもらいたいドクターが自分の保険のネットワークに入ってない場合は保険でカバーされないこともある。

もし再建手術を出来るドクターが私の入っている保険のネットワーク内にいなければ、保険会社にネットワーク外のドクターにみてもらえるように申請して許可をもらう。
でもネットワーク内に再建手術をできるドクターがいると言うことは、このドクター以外にチョイスがないという事なのかな?
ってことは、もっと経験のあるドクターにやってもらいたいと思っても出来ないの?
再建に前向きにって気持ちだったのが、一気に冷めて行く気がした。

この辺はもう一度保険会社に連絡して調べてみよう。


アポでは今までの経過を話して、いくつかの術法について話を聞く。
アジア系のドクターで見た目もやっぱり若い。(笑)

少し話をしてから服を脱いで紙パンツ一枚で写真を撮られ、手術の傷跡をチェックしたりお腹の肉を摘ままれたり、ドクターは見慣れているとは言えコレは結構恥ずかしいねー。
そしてドクターが写真を撮ったりお肉を摘んでる間ずっと、女性ナースが部屋の角で監視しててくれた。
万が一イケナイ事が起こらないようにするための見張り役。

一緒についてきた夫は、部屋の反対側の椅子に座ってて、夫が座ってる場所とドクターが座ってる場所の間にカーテンを引くことも出来るようになっているのに、ナースもカーテンを引こうともせず、ちょっと困った顔の夫はこちらを見ないようにしてたみたい。(いや、別に見ても構わないんだけど・苦笑)
なんだか、それがちょっと可笑しかった。


結論から言うと、健側も大きくするわけじゃなければ自家組織でも何とかバランス良く作れそうだけど、大きくしたいならちょっと脂肪が足りないからインプラントを勧めると言われた。

そこで夫が、「脂肪が足りない?」と言わんばかりにププっと吹き出す。(ーー;) コラァー
いや、私自身も脂肪はたっぷりあると思ってたんだけど。


このドクターは何気にエクスパンダー&インプラントを勧めたいような印象を受けた。
アメリカでもティアドロップ形のインプラントがFDAから認可されたので(最近の事らしい) 丸型よりティアドロップ形の方が私にはあっていると言われた。

BRAVA方式に興味があると言うと、吸引ブラは自費で購入することになりまだ全ての病院で認可されたわけじゃないので保険でカバーされるか分からないと言われた。
そしてこの病院ではBRAVA法は出来ないと言われた。

ここで一瞬、「ってことはあなたじゃなくて他の先生に見てもらわないといけないってコト?」と頭の中で考えた。(失礼)
いや、このドクターも悪い人じゃないし、もちろんResidencyでいくつもの手術に携わったと思うけど、やっぱり実際の経験の差は大きいと思うんだよね~

以前再建についてのセミナーで話を聞いたことのあるドクターが、前の記事にリンクしたニュースにも名前が出ていて、その時のセミナーではBRAVA法についての話はなかったけど、出来ればこの先生にBRAVA法について話を聞きに行きたいと言ってreferralを出してもらうようにお願いした。

という訳で、BRAVAの話はまた次のアポを取ってから・・・ということに。
まぁ、焦って決めることでもないからいいんだけど、せっかくその気になったのにナンだか出鼻をくじかれた感じ。


医学は日々進歩してるから、もう少し待っていればBRAVAも保険の心配をしないで出来るようになるんじゃないかって気もするし、もっと良い再建法が開発されるかもしれない。

だったらもう少し待ってみてもいいのかなぁ~

あぁ、イカン。優柔不断な性格が・・・


とりあえず、BRAVAの話を聞けるように次のアポを取ろう。



No.124 / 再建 / Comment*6 // PageTop


2012.12.23 再建へ


なんだかんだとバタバタしてるうちに色んなコトが思ったより早く進んでしまい、どうやら再建するコトになりそう。
いや、するコトになりそうじゃなくって、再建することになりました~だな。(笑)

エキスパンダーも考えていたんだけど、ちょっと前にこの記事に書いた、Brava Systemを使った再建方法でトライしてみることにした。

全摘をすると決めた時は絶対近い将来に再建したいと思ってた。
術後はchemoをやることになって再建なんて考えてる余裕もなく、chemo後はやっと普通の生活ができるようになったら、もう一回手術して痛い思いをするの?と尻込みしてしまい、別に再建しなくてもいいかな~と思い始めていた。

でも、やっぱり綺麗に2つちゃんと胸があることに憧れる自分もいて、とりあえず話を聞いて見るだけでも・・・と形成外科のドクターを紹介してもらって今年の夏に同じ病院内の再建専門のドクターに会いに行った。(その時の記事はコチラ

その時に会ったのは最近私が通っている病院に来たばかりの再建専門の若い整形外科医だった。
こんな事を言うのは申し訳ないけど、レジデンシーを終えたばかりの若い先生にお願いする気になれなくて出鼻をくじかれた。
やっぱり再建しなくてもいいよ・・・と自分に言い聞かせた。
でもその時にBravaに興味があることを話して、Bravaを扱っているクリニックのDr.を紹介してもらえるように聞いて見た。
アメリカの保険はいろんな制限があって、どのDr.に診てもらうかはネットワーク内のDr.のリストから選ばなければならない。
ネットワーク外のDr.に診てもらうことも出来るけど、その場合は保険でカバーされる額が少なくなるか、または全くカバーされない場合もある。
それは保険会社によって違うので、事前に保険会社から承認を得なければいけない。
Bravaはアメリカでもまだclinical trial が終わったばかりの段階で、扱っているDr.も数少ない。
私が話を聞きに行きたかったドクターもネットワーク外だったので、駄目元でreferralをお願いしたら数週間後にナンと保険会社から認めますと言う手紙が来たのが9月だったかな?(←ってそんな前の話を今頃アップ?苦笑)

整形外科医のDr. I と初めてのconsultationのアポを9月半ばにとった。

一度このドクターが再建のあれこれについてのお話をされた無料セミナーに参加したことがあった。(その時の記事はコチラ
このセミナーではインプラントと自家組織の再建方法について詳しく説明してくれて、質問などにも丁寧に答えて下さった。
でもその時はBravaの説明はなかった。
この日はBravaで再建する場合のプロセスとか回復までの時間、リスクなどについて聞きたかったことを質問した。

メモを取らなかったので覚えている範囲でまとめると、
- 手術前3週間、最低一日8時間はBrava Systemを装着する。ほとんどの人は夜寝る時に装着。
- liposuction(脂肪吸引・注入)の手術は3-4回に分けて行う。
- 術後の回復時間は約一週間。でも家で普通にしてるだけなら次の日からでも動ける。
- 次の手術までの期間は普通は3ヶ月位。全過程が終わるまでの期間は1年半位。
- 脂肪が定着しなかった場合はやり直しが可能。
- 万が一この方法で失敗した場合(脂肪が定着しないとかその他の理由で)インプラントでも自家組織でも再建可能。

回復時間は仕事に支障が出ない(起き上がって椅子に座れれば家から仕事が出来る)というのも私にとっては重要なポイント。
後は最後の点の、コレで失敗してもその後インプラントまたは自家組織で再建するのには問題がないコトも安心材料になった。

一つだけ問題なのは、Dr. Iは私の保険のネットワーク外のなので、どれだけ保険でカバーされるのかという事。
ダメならネットワーク内でBravaを扱っているDr.を紹介してもらい、また一から振り出しに戻ることになる。
保険会社がどういう判断をするにかは事前に承認申請を出して見ないと分からないので、Dr. Iのオフィスから直接申請を出してもらう様にお願いした。

その後仕事も忙しく、保険会社にフォローアップする暇もなく忘れていた。
忘れた頃に保険会社から承認の手紙が届いたけど、カバーされる金額などは何も書いてなかったのでDr. Iのオフィスに確認した。
申請する保険のコードとか私には全くわからないので直接保険会社に連絡してもらうと、結局手術の費用の自己負担はネットワーク内のDr.と同じ扱いになると言われた。
何だか話しがうまく進み過ぎて信じられない感じ。
保険会社に断られたらこんなことを言って承認してもらえるように交渉しようとか色々考えてたのに拍子抜け。(苦笑)

ただし、Bravaの本体は全額自己負担なので、約$1,000は実費。
少し前に寸法を測ってもらい、Brava System を注文してきた。
1月になったらまたDr. Iのナースとアポを取り、装着の仕方などを説明してもらい一回目の手術の日を決めることになった。

何だかまだ実感が湧かないけど、私ったら再建するんだ~

保険会社とか周りの状況に流されるようにこんな決断をしてしまって良いのかな?
でももし失敗したらその時にまたどうするか考えれば良いんだし、取り敢えず勢いに任せてやってみよう。
写真で見る限りではBrava Systemってめちゃくちゃデカイんだけど、実際のブツがどんなものが届くのかお楽しみ~。

というわけで、再建のカテも作ってみました。

来年一年はずっと再建になりそう。
でもまた普通の体に戻れることを考えるとやっぱり嬉しい。


Merry Christmas from Seattle


No.128 / 再建 / Comment*8 // PageTop


Profile

ミライ

Author:ミライ
横浜出身
アメリカシアトル在住

■ 2010年8月
42歳で浸潤性乳管がん Stage IIbとの診断を受ける。
タイプ:ER(+) PR(+) HER2(-)

■ 2010年10月
右乳房全摘手術

■ 2010年11月~2011年2月
Chemo Therapy(TC療法)

■ 2011年02月~現在
ホルモン治療中

Calendar

03 | 2017/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Latest Journals

Latest Comments

Monthly Archive

Category

Link

Blog Ranking


辛かった時、ここで一緒に闘っている仲間に助けられながら乗り切りました。

応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

Mail Form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Counter

QR Code

QR

Search Form

Display RSS link.

Powered by FC2 BLOG

Let's start blogging!!

Powered by FC2 Blog