未来を見つめて・・・
42歳で乳がん告知(Stage II-b)。米国シアトル在住のサラリーウーマンが、乳がんと闘う記録。





2010.11.28 副作用


水曜日に抗がん剤一回目の投与をして、今日で5日目。
すこし体調が落ち着いてきた。

投与直後は(薬のせいで)元気だったし吐き気等もなく、「何とかなりそうじゃん?」なんて思っていたけど、やっぱり甘かった。


吐き気はまったくなかったけど、食べたいものがつかめず、お腹がすいてるのかも分からないような状態が続いた。
とにかく食べてみて味を受け付けるものだけ食べた。
少しでも何か胃に食べ物が入るとお腹も落ち着くような気がした。

食べてもOKだったモノ:
シリアル&豆乳
ご飯とお味噌汁
フレンチトースト
夫が作ってくれたポテトサラダ - これはイケタ!
チキンスープ
ジャガイモ、ブロッコリー、ズッキーニの炒め物


あと3日間は便秘に苦しんだ。
薬も飲んでたんだけど、全然効かず辛かった~。
もっと便秘を防げる食材を考えなきゃな・・とは思うけど、体が何を受け付けるのか食べてみないと分からないし、やっぱり薬に頼る以外ないのかな?

これはドクターにも今度聞いてみよう。

術後もそうだったけど、やっぱり便秘はツライ。


2日目から出てきたのが関節痛というか、カラダ全体の痛み。
高熱が出たときに体中が痛くなるような痛みで、肩、背中、腰、足、もう全部がイタイ。
寝てても座ってても、何しててもジンジンと痛みがあり余計に体がこわばってしまった。

昨日の夕方、Rが「ちょっと外へ出て新鮮な空気を吸ったほうがいいよ」と車でドライブに連れ出してくれた。
その時はちょっと体の痛みも和らいだ気がした。
きっとじっとうずくまって寝てるより、体を動かしていたほうがいいんだろうな。
痛み止めを飲んで良いのかもわからずに、薬も飲まずにずっと我慢してしまったから余計に辛かったのかもしれない。
痛みがあると口を利くのも面倒になり、気持ちも凹んでくる。

寝る前に痛み止めの薬(ibuprofen)を飲んで寝たら、今朝は少し体が楽になっていた。
これは時間が経ったからなのか、薬が効いたのかは分からない。


喉の痛みがまだある。
風邪の前に喉がイガイガするのと似てる。
喉の奥が荒れてる感じで、唾を飲むのも痛い。
喉のイガイガ感をちょっとすっきりさせてくれるので、飲み物はジンジャーエールばかり飲んでいる。


サンクスギビングの連休も終わり、明日から出勤。
もうピークは過ぎてくれたなら良いんだけどな。


Profile

ミライ

Author:ミライ
横浜出身
アメリカシアトル在住

■ 2010年8月
42歳で浸潤性乳管がん Stage IIbとの診断を受ける。
タイプ:ER(+) PR(+) HER2(-)

■ 2010年10月
右乳房全摘手術

■ 2010年11月~2011年2月
Chemo Therapy(TC療法)

■ 2011年02月~現在
ホルモン治療中

Calendar

10 | 2010/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Latest Journals

Latest Comments

Monthly Archive

Category

Link

Blog Ranking


辛かった時、ここで一緒に闘っている仲間に助けられながら乗り切りました。

応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

Mail Form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Counter

QR Code

QR

Search Form

Display RSS link.

Powered by FC2 BLOG

Let's start blogging!!

Powered by FC2 Blog