未来を見つめて・・・
42歳で乳がん告知(Stage II-b)。米国シアトル在住のサラリーウーマンが、乳がんと闘う記録。





--.--.-- スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.12.12 ウィッグデビュー


土曜の夜に会社のホリデーパーティーがあって、そこでめでたく(?)ウィッグデビュー。

会場がHard Rock Cafe内の個室バーだったので、ちょっと部屋が暗めだったのも良かったのかも。(^^)
しばらく会っていなかったシアトル以外のオフィスの同僚は私がショートヘアだった姿を見たことがないので、普通に「久しぶり~」と話しが出来た。
病気のことも知らないし、まさかウィッグとは全く気がついていない様子。ほっ。

シアトルオフィスの同僚からもリアクションは全くなし。

やっぱりRが言っていた様に、以前の髪型に近いからみんな気がつかないのかなぁ~?!
でも一日で髪が10cm以上伸びたんだぞ・・・。
本当に気づかないのか?>お前ら(同僚)
ま、ノーコメントだったのはあり難い事でもあるんだけど。

自分では前髪の分け目が気になっちゃって、つい髪の毛を触ってしまう。
まだ後ろの髪はかなり残っていて、ネットの中でチクチクするような感じで首の後ろあたりが妙に痒い。
こんなのにもいつか慣れる日がくるのかな。

でもとりあえず、無事にウィッグデビューできました


関係ないけど、会社のホリデーパーティーでKindleが当たった。
ラッキー
って、まだ使い方も分かんないんだけど。
今年は全員に1つづつプレゼントがあって、一番のプライズはiPad。
あとはギフトカードとかだったけど、去年に比べて景気が上がってきたんだなぁ~と実感した。
今年のボーナスはちょっと期待できるかな。(^^)


帽子を被ったときに付けられる付け毛を日本のサイトで購入して自宅から送ってもらったんだけど、2週間たってもまだ届かない。
クリスマスシーズンだからこんなに時間がかかってるのかな?
ネットサーフしていたらAmerican Cancer Societyのサイトでも付け毛もどきを見つけた。
日本のみたいに、前髪と後ろ髪と別々にはならないんだけど、安かったので($25)これも買っちゃった。
ついでにバンダナや春・夏用の帽子もセールになっていたので、一緒にポチッとしてしまい、気がついたら1万円以上のお買い物~。
これらは必需品ってことで、たまにはアリだよね。(^^)
ウィッグを気にしながら人ごみの中へ買い物に出るより、ネットでショッピングした方が楽チンだわ。
癖になりそ。


No.32 / 脱毛&Wig / Comment*0 // PageTop


2010.12.12 脱毛を防ぐ冷凍キャップ


アメリカのメジャーなTV番組"Good Morning America"でこんな記事が紹介されているのを見つけた。

Cold cap therapy may help women undergoing chemotherapy keep hair
(冷凍キャップで科学治療中の女性の脱毛を防げるかもしれない)

<<意訳するとこんな感じ>>

摂氏マイナス30度に冷やした冷凍キャップを抗がん剤投与中に被り、投与当日は30分毎に冷えたものに交換し約7時間装着する。
頭皮を冷やすことによって、毛根へ繋がる血管が収縮して抗がん剤が毛根に到達するのを防ぎ、女性にとって精神的にも大きな負担になる脱毛の副作用を防ぐという。
トライアルでこの冷凍キャップを使用した人の内、約70%の患者が全く脱毛することなく治療を終えた。

この方法は血液関係の癌(白血病など)には適さないが、乳がんのように再発を防ぐために化学治療を受ける患者にはこの冷凍キャップを使用したために再発率が上がるとは考えられない。

この技術はヨーロッパで開発されたらしく、欧州内では何千人もの成功例があり、アメリカ国内の病院でもいくつかテスト的に使用されている。
まだアメリカでは症例数も少なく(まだ100件程度)、更なるリサーチが必要とされている。
脱毛の副作用をなくす事によって、見た目の事だけではなく精神的にがん治療を受けている女性たちを精神的に力づける(empower)効果がある。
さらに患者が脱毛を恐れてキモセラピーを拒否したために再発するリスクが高まってしまうことを防ぐことにも繋がる。

この冷凍キャップを使用した乳がん患者の一人の女性は、抗がん剤投与の日は苦しい一日ではなく、周りの人にサポートされながら過ごす楽しい一日になったと言っていた。
彼女は(この自分の経験が)将来沢山の女性を助ける可能性があると思うと、単に髪の毛をキープするという事よりももっと意義のある事のように思えたと言う。

アメリカ国内で現在冷凍キャップを保存する冷凍庫が設備されている病院:

- Beaumont Hospital, Royal Oak, Mich.
- Minnesota Oncology, Minneapolis office
- Minnesota Oncology, St. Paul office
- University of California, San Francisco Medical Center, San Francisco
- New York-Presbyterian Hospital/Weill Cornell Medical College, New York
- Fairview Southdale Oncology Center, Edina, Minn. (coming soon)
- Washington Oncology Hematology Center, Washington (coming soon)



TC療法の副作用の1つとして、関節痛や爪の変色があり、これらの副作用を防ぐために冷凍手袋やアイスノンを抗がん剤投与中に使うと爪の変色が防げたり関節痛が和らぐと聞いたことがある。
これときっと同じ原理なんだろう。


Penguin Cold Capsのサイトによると、キャップは月に$430でレンタル出来るらしい。
まだ殆どの病院にこのキャップを冷凍しておく設備が整っていないので、自分でクーラーにドライアイスを持ち込んだりしなければいけないので、この冷凍キャップレンタル料プラス冷凍用クーラー、ドライアイスなどを含めると費用は$1500くらいになる。
でも人毛ウィッグなど高価なものは10万くらいするものもあるので、高いと思うかどうかは個人の価値観のような気がする。
トライアルによって効果が証明されればもっと数多くの病院にも設備が装置される可能性もある。
将来的には保険でも治療の一部としてカバーされるようになるかもしれない。

脱毛って、もう抜け始めたら笑ってごまかす・・・というか、腹をくくって受け止めてウィッグで楽しむぞ~位に前向きになるしかない。
でも誰だって、女性なら(いや男性でも)出来ることなら脱毛なんて副作用はなければ良いと思ってるはず。


この冷凍キャップがもっと広まって治療の一部として普及したら、癌と戦っている女性たちのQOLを向上させることができるようになる・・・と思わずにいられない。



No.33 / 脱毛&Wig / Comment*5 // PageTop


2010.12.17 2nd TC 投与


今週は仕事がめっちゃ忙しく、殆ど毎日残業していた。
ボスは私がキモセラピーを受けていることは知ってるんだけど、この1週間ちょっとはまるで癌患者と言うことを忘れるほど調子も良かったし、ボスもすっかり忘れてるのかな~。(苦笑)
時々、「金曜日は投与日なので休みますから・・・」と念を押しておいたんだけどね。
ついでに、「月曜日も体調がどうなるか分からないから期待しないで下さい」って言ってあったにも関わらず、さっきメールをみたら、月曜日にクライアントとの電話会議のアポイントが送られてきた。
だ~か~ら~、月曜日は無理かもって言ったじゃん!

今日(金曜日)が投与だったため、それまでに終わらせなきゃいけない仕事に追われ、昨夜は1人で10pm過ぎまで会社にいた。
Rが夕食を持ってオフィスに来てくれて、2人で寂しくランチルームで夕食をとった。
なんだか去年のクリスマス前もこんな生活してたなぁ~。
確か去年、もうこんな生活にならないように・・・って強く誓ったハズなのに。(涙)

投与日の前日からDexamethasone(デキサメタゾン)のステロロイドを飲み始めるので、ちょっとハイになったようで夜遅くまで仕事をしていてもちっとも疲れを感じなかったのはラッキーだったかも。

お陰で夜中になってもなかなか眠れず、結局1AM頃まで目が冴えていた。


朝9時過ぎに病院に行って、まずは血液検査。
今回は同時にBRCA遺伝子の検査のための採血もしてもらった。
これは他州にあるラボへ送られるので、結果が出るまで3週間以上かかるらしい。
万が一、この遺伝子検査でポジティブと出た場合の事を考えると不安もあったけど、自分の体について出来る限りの知識を得ることは必要だと思ったのでやることにした。

Dr. Chenと会い、1回目の投与後にあった副作用などについて話しをした。
口内炎に悩まされたことを話し、ファミリードクターに処方してもらった薬を飲んだら治ったので、今回は量を減らして口内炎予防のために1日2回飲むようにと言われた。
そして投与中も氷を舐め続けたので、今回は口内炎が出ないことを願う。

血液検査も無事にパス。
ちょうど口内炎が出始めたときに血液検査をした時は、投与後1週間で2700まで下がっていた白血球が今日はなんと14,600になってた。
ナースに確認すると、熱などがあるわけじゃないのでステロロイドのせいで白血球が急上昇しただけなので心配する必要はないと言われた。
リンパ球は1000でギリギリ? でも何も言われずに投与決行。


今回も同じナースが点滴を入れてくれて、一発開通!ナースJさん、次もお願いしま~す。
前回と同じで、デキサメタゾン、タキソテールとエンドキサンの順で約3時間半くらいかけて終了。
タキソテールが入ったとき、ちょっと胃がムカムカして喉のあたりが苦しいような気がしたけどしばらくしたらなくなった。

今回は白血球も高かったので、投与中に近くのオーガニックスーパーにRがランチを買いに行ってくれて、サラダを食べた。
白血球が下がっている間は生ものは避けていたので、味覚がおかしくなる前に食べなきゃ・・・と、久しぶりにブルーチーズとドライラズベリー入りのサラダ山盛りを完食した。美味しかった~。

家に帰ってきたらやっぱり少し味覚異常があるみたいで、水がへんな味がした。
前回と同じで、まだだるさや吐き気などは全くなし。
夜はトマト味のスープと蒸し野菜で済ませた。
またBEN-Pにならないように、今から薬を飲んでおこうかな。

とりあえず、まだ元気。
今回はどんな副作用がくるのかな?
ドーンと来い!

2010.12.24 投与後1週間


2回目の投与から1週間たって、体調も大分回復した。

金曜日に投与して月曜日は仕事を休んだ。
でもクリスマス休暇前に終わらせなければいけない仕事が残っていたので、ちょっとしんどかったけど火曜日は出勤した。
体がだるくて、多分ちょっと微熱もあったかもしれない。
そんな中、なんとか仕事を片付けて家に帰ってきたらもうぐったりだった。
やっぱり無理して会社に行くべきじゃなかったなぁ~。

アメリカ人の場合、下手に無理して頑張ってもほめて貰えるわけでもないし、逆に「大丈夫なんだ」と思われてしまうらしい・・・と言うことを今回学んだ。(^^;)
少し大げさな位にしんどい事をアピールした方が得なのかも。
次回は無理しないで体調が良くなるまでゆっくり休ませてもらおう。

2回終わってみて、大体投与後5日過ぎると体の痛みとだるさのピークを過ぎることが分かった。

1回目と同じような副作用は

味覚異常
倦怠感
お腹がすかない&胃がムカムカ
体全身の筋肉痛のような痛み
BEN-P


今回はまだ口内炎が出てないのが嬉しい。
予防のために飲んでる薬が効いてるのかな。
このまま口内炎なしで過ごせたらいいなー。
お陰で前回より食欲があるみたい。


新しく出てきた副作用は

生理不順

前回は多分、抗がん剤投与前に排卵があったと思うのでいつも通りの周期で普通に生理が来た。
これが最後かな・・・と思っていたら、前回の生理から2週間ちょっとしか経ってないのにまた生理が来た。
でも普段よりは軽めだった。
やっぱり卵巣が抗がん剤の影響を受けているのかな?
このまま閉経してしまうのだろうか?
この件に関しては、また改めて書こうと思う。

あとは湿疹・かぶれの様な症状があって、気がつかないうちに爪で引っかいてしまいミミズ腫れのような傷になってしまった。
やっぱり白血球が下がってるから、ちょっとした引っかき傷でも大変なことになってしまうらしい。
でも痒くて、寝てる間とかに掻いちゃうんだよね・・・。気をつけなくちゃ。
手袋して寝ようかな。


ちょっと動くと息切れしたり疲労感はまだあるけど、胃のムカムカや動けないほどのだるさはなくなった。
多分まだ白血球は低下中だと思うけど、ココからは体調も上向きになってくるはずなので次の投与までの2週間をエンジョイしよう。


味覚も大分戻ってきているので、クリスマスは美味しいものが食べられそう。
今日はトレジョーで色々買い物をしてきた。
最近料理の腕がぐんぐん上達中のRがご馳走を作ってくれるらしい。
楽しみだわ~。

2010.12.28 痒~~~~っ!!


投与から1週間ちょっと過ぎて、体調は良くなってきたんだけど白血球が低下してる模様。

前回は口内炎に悩まされたが、今回はラッキーなことに口内炎は幸い出ていない。
が、また新しい副作用が出てきた。

これが「手足症候群」なのかどうかは分からないケド、発疹が出てとにかく痒い。
手の甲、膝と膝の裏側が一番酷く、赤くはれ上がって痛痒い感じ。
手のひらにも少し同じ症状が出てるけど、手の甲のほうがひどい。
湿疹のように小さいポツポツじゃなくて、一つ一つの腫れてる部分が大きい。

クリスマス当日の土曜日にかゆみが酷くなり始め、日曜の朝になったらもっと手の甲も膝も全部真っ赤になっていた。
寝ながら掻いてしまったのかもしれない。
いつもこんな予期せぬ副作用が出てくるのは週末・・・。
とりあえずナースセンターに電話してみたら、救急へ行く必要はないが24時間のクリニックへ行って診てもらったほうが良いと言われ、日曜日の朝に病院へ行った。
結局アレルギーを抑える薬を出してもらっただけで帰ってきた。
普通はタキソテールのアレルギー反応は投与後数日以内に出るらしいけど、こんなに時間がたってから出ることもあるのかな?
ドクターはアレルギー反応で呼吸に支障が出たりしたらすぐに病院へ行ってくださいと言っていたけど、現状ではそこまでひどくはない。
でもこの痒みには耐えられな~い!

Rと病院を出てからランチを食べて、すぐに薬を飲んでみた。
が、この薬を2錠飲むだけで一気に眠くなってしまい、帰りの車の中で爆睡した。
(↑ 運転していたのは夫なのでご安心を。笑)
そのまま帰宅後、ベッドに横になって気絶するように数時間昼寝した。

27日の月曜日になっても良くなる気配がないので、オンコロジストの主治医のナースに電話をした。
そしたらファミリードクターに診てもらうように勧められ、すぐにアポを取った。
もう手の甲も膝も腫れあがっちゃって、痒みを通り越して痛い。
ファミリードクターからまた別の薬とステロイド入りのローションも処方してもらった。
ローションはかなり良いみたい。
1日に3~4回局部に塗ってくださいと書かれているけど、1日に15回位塗りまくってる。(笑)
でも別に害はないだろうから、痒くなったら掻く前に塗る!

でも薬はどれもあまり効き目がなく、腫れはちっとも引かない。
しかも薬を飲むと一気に眠くなるので、薬を飲んじゃうと仕事にならないので、言われた量の半分にしていたから余計に効き目が出なかったのかも知れない。

ファミリードクターが「これが効かなかったらステロイドの錠剤を出すので、少し様子を見ましょう」と言っていたのを思い出し、もう我慢できなかったので、投与前後に飲んでいるデキサメタゾンを一錠飲んでみたら、これが効果があった。

最初からステロイド剤を出してくれればよかったのに・・・。
でも勝手に飲んじゃって良いのかな~とちょっと不安になったので、念のため主治医のナースに連絡してこのままデキサメタゾンを飲んでいても大丈夫かどうかを確認してもらったらOKとの事なので、また症状が酷くなったらデキサメタゾンを飲むようにしよう。

ついでに今夜は焼きバナナサンデー(アイスクリーム付き)も食べた。
コレで免疫力上がるといいなぁ~。


次々を出てくる新しい副作用。辛いというより、いちいち対処しなきゃいけないのが面倒くさい。

とりあえず効き目のある薬が見つかったので、ちょっと安心した。

ちょうど抗がん剤治療の折り返し地点到着って所かな。
あと半分、何とか乗り切らなくっちゃ!



Profile

ミライ

Author:ミライ
横浜出身
アメリカシアトル在住

■ 2010年8月
42歳で浸潤性乳管がん Stage IIbとの診断を受ける。
タイプ:ER(+) PR(+) HER2(-)

■ 2010年10月
右乳房全摘手術

■ 2010年11月~2011年2月
Chemo Therapy(TC療法)

■ 2011年02月~現在
ホルモン治療中

Calendar

11 | 2010/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Latest Journals

Latest Comments

Monthly Archive

Category

Link

Blog Ranking


辛かった時、ここで一緒に闘っている仲間に助けられながら乗り切りました。

応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

Mail Form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Counter

QR Code

QR

Search Form

Display RSS link.

Powered by FC2 BLOG

Let's start blogging!!

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。