未来を見つめて・・・
42歳で乳がん告知(Stage II-b)。米国シアトル在住のサラリーウーマンが、乳がんと闘う記録。





--.--.-- スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.12.01 免疫力低下中


喉荒れはやっぱり口内炎だったみたい。

薬が効いたのか、喉は大分楽になったけど口の中が荒れてて痛い。
あちこちに口内炎が出来てるし、舌も荒れている。

さらに、困ったのが 吹き出物

花の高校生時代にもほとんどニキビさえ出来なかったのにぃ~。(><)


Rが私の顔を見ていきなり

「鼻の横に富士山みたいにデカイ吹き出物が出来てるよ!」だと。

知ってるよ・・・と答えると

「そうだよね。だって1マイル離れたとこからでも見えるくらいデカイよ。」 


結婚してもう14年。
普通の時だったらこういうアメリカ人的ユーモア感覚を軽くかわせるんだけど、さすがにカチンと来た。
これ以上何か言ったら本気でぶん殴るぞ・・・という殺気を感じたのか、突然態度が優しくなって

しょうがないよ。体の抵抗力が下がってるんだから。

とフォローをしてくれたけど、朝から凹み気分。


焼きバナナにアイスクリームを乗せて、焼きバナナサンデーにして食べてみた。
結構美味しいじゃん。

焼きバナナの効果がありますよーに。

スポンサーサイト


2010.12.04 回復しました


投与1回目から約10日経って、体調も回復した。
口内炎もまだ少し残っているけど、何でも食べられるようになったし、味覚もほぼ完全に回復。
今日は超アメリカンなレストランで、でかいハンバーガーも美味しく食べられた。
でも以前は完食出来たのに(笑)半分でギブアップした。
やっと私も普通の日本人並みの胃袋に戻ったのかな。(苦笑)

仕事も1週間休むことなく出勤した。
会社にいる間は忙しさのお陰で病気のことは考えずに時間があっという間に過ぎていく。
夕方になると頭が重くなるような疲れはあったけど、ちょっと社内を歩き回ったり外に出たりして気分転換をした。
肩こりが術前より酷くなった気がするけど、これは副作用かどうなのかは分からない。

ジムにも復帰し、今週は2回トレーナーさんと軽い運動が出来た。
トレーナーの人にも事情は話してあるので、リハビリを兼ねたストレッチや今の私が出来る範囲のワークアウトを考えてくれて、本当に感謝。
今までに比べたらすぐに息が上がったりちょっとクラッする場面もあったけど、久しぶりに汗をかいて運動するのは気持ちが良かった。

こうして乳がんが見つかる前と同じような「普通」の生活のルーティーンが少しでも戻ってきていることが嬉しい。

来週はいよいよ「偽おっぱい」&ブラをオーダーしに行ってきます。
今までブラなしでスポーツ用キャミにおっぱい型のウレタンパッドを安全ピンで付けていたんだけど、デパートでシリコンの偽おっぱいをオーダーできるので、そのフィッティングの予約を入れた。
幸いアメリカでは乳がん患者には保険で特注の偽おっぱいもカバーされる。
私の場合は6ヶ月毎にブラも2枚まではカバーされるので、ブラは自分で追加分を買っても大した金額にはならない。
日本ではこういうのってどうなんだろう?
やっぱり「医療用」としては扱ってもらえないのかな?
こういう些細なことだけど、本当にありがたいベネフィットだ。
私も歴史を知らないからprosthesisや再建手術がいつから保険でカバーされるようになったのかは知らないけど、こういうベネフィットが今受けられるように活動してくれた先輩サバイバー方に感謝したい。


次のハードルは脱毛かな。
まだ抜ける気配はなし。
でもきっとあと1週間位なんだろうな~。
頑張れー、私の髪。


もうピークは超えたようなので、次の投与までの時間をエンジョイしよう。


2010.12.05 Wigを購入


昨日、注文しておいたウィッグを取りに行った。

抗がん剤治療を受けるがん患者にとって、一番精神的ダメージが大きい副作用は脱毛だと思う。
新しい抗がん剤の研究は日々進歩しているんだろうけど、脱毛は体に苦痛がないため研究者から見たらマイナーな副作用と捉えられているんじゃないかと思ってしまう。
だから脱毛を防ぐ薬が開発されないのではないか・・・と思わずにいられない。
でも癌患者、特に女性にとっては、脱毛は副作用の中でも一番大きなダメージがある。
治療が終われば髪はまた生えてくるとは言っても、きちんと生えそろうまでには長い時間がかかる。
私はまだ1クールしか終わってないけれど、これで脱毛さえなかったら抗がん剤も耐えられない治療じゃないと思える。

がん治療の辛さは経験した患者にしか分からない。
医療研究者の方がもっと患者に身体的だけではなく精神的ダメージの少ない新薬を開発してくれたら・・・と思う。


話しはもどって、私はアメリカで日本人に合うようなウィッグが見つかるのか、最初は不安だった。
ネットで日本のサイトも色々見たけど、やっぱり試着してみないと分からないしネットでウィッグを購入するのはちょっと抵抗があった。

幸いシアトルにはウィッグ専門店がいくつかあって、乳がんサバイバーの友人から教えてもらったお店に行ってみたら、思いのほかアジア人にも似合うようなストレートの髪質のウィッグがあった。
人工毛だけど触った感触は自然な感じ。
最初に気に入ったスタイルは偽頭皮がなかったので、分け目の部分がごわごわしていた。
最終的に選んだタイプは、偽頭皮が付いているので分け目もとってもリアル。
結局そのお店一軒を見ただけで、他には行かずに決めてしまった。
これで約$300と値段も思ったより安かった。
(これもドクターから処方箋をもらっているので、$100までは保険で戻ってくる。)
美容院に約1年間行かなくて済む事を考えたら元が取れるな。


1つ失敗したのは、先月美容院へ行ったときに髪をショートにしてしまった事。
脱毛が始まると短いほうが手入れが楽だと聞いたので、いつもお世話になっている美容師さんに「思い切ってショートにして下さい」と言って、高校生以来のショートヘアにした。
私の職場は8割は男性なので、ちょっと髪型を変えたくらいだと誰も気づいてくれない。
それこそ、私が1週間同じ服装で出勤しても気がつく人はいないんじゃないか・・・と思う。(苦笑)
それが、やっぱり肩につくくらいのボブスタイルからショートにして出勤したら同僚(♂)からも少し反応があった。
数少ない女性陣はみんな「Cute!」と言ってくれ、ちょっとご機嫌だった。

が、私がゲットしたウィッグは、元の髪型よりちょっと長めのボブスタイル。
これでいきなりウィッグデビューしたら、ショートから一夜で髪の長さが10cm以上伸びることになる。
いくら鈍感な私の同僚達だって??と思うよなぁ~。

Rに言わせると、ショートにする前の髪型と似てるからきっと誰も気がつかないよ・・・っていうんだけど、男って本当にそんなに鈍感なのか?(笑)
アメリカ人はよく、髪のエクステンションを付けたりするから何か言われたら「やっぱりショートがイヤになったからエクステンションつけたのよ」って言えばごまかせるかもしれないケド。

後は日本のウェブサイトで購入した髪の毛付きインナーキャップが届くのを待つのみ。
これは海外発送していなかったので、実家から送ってもらった。
こういう小物(?)に関しては、やっぱり日本のほうが充実してるような気がする。
帽子もちょこちょこ買い物に出て、いくつかゲットした。

これで脱毛が始まっても準備万端!
いつでも来い!憎っくき抗がん剤め~~~!!!!


No.29 / 脱毛&Wig / Comment*4 // PageTop


2010.12.08 ついに・・・キターっ!


あ”~~~~。

抗がん剤一回目投与後、約12日でついに脱毛が始まった。

触るだけでスルスル抜ける。


もともと髪は多いほうなので、一日で大分抜けたのにちょっとボリュームが減ったかなという程度で他人から見たら分からないかもしれない。
う~ん、全部抜けるのに何日くらいかかるんだろう?
でも抜けるって事は抗がん剤が効いてるって事なんだから、喜ばなきゃいけないのかもしれないね。

今週一杯は地毛で会社に行って、月曜日くらいからウィッグデビューかな。
って、あと2日も持つのか>髪の毛??

本当に、脱毛さえなければねぇ・・・・。


ところで、今はまだ髪の毛があるからいいんだけど、全部抜けちゃった後はウィッグをかぶるときには地肌の上にそのままかぶるものなんでしょうか?
お店で試着した時は、髪をまとめるためにストッキングのようなものの上にウィッグを付けたんだけど、やっぱり地肌を保護するためにもストッキングのようなものをつけた方がいいのかな?

良く分からないんで、どなたかアドバイス頂けると嬉しいです。

夜帰宅してからウィッグをかぶる練習をしたら、ますます髪が抜けた気がする。
抜けきるまでは常に髪の毛がパラパラ落ちてくるのがうっとおしい。
洗面所の床には髪の毛がいっぱい。

思い切って頭まるめるか?とも思ったんだけど、まだもうちょっと・・・と躊躇してしまう。

勇気ないなぁ~>自分(苦笑)


No.30 / 脱毛&Wig / Comment*4 // PageTop


2010.12.10 脱毛(続)


みなさん、ウィッグ用ネットの情報ありがとうございました!

お店に聞いてみたら無料でネットをもらう事ができました。
ウィッグを購入したときになぜ一緒に付けてくれなかったのか・・・は、謎ですが、まぁ良しとします。
やっぱりこういうきめ細やかなサービスを求めちゃいけないのが、アメリカってコトで。(笑)

脱毛はコレでもかってくらい進んで、半分はなくなったかな。
昨日の夜から髪の毛が動くと地肌が痛い。
ゴソっとは抜けないんだけど、ハラハラと全体的に透けていく感じ。


まずは昨日の朝、シャワーを浴びてる時に排水溝が詰まるほど抜けて、いきなり気分が凹む。
もちろん副作用の1つとして分かっていたことだし覚悟してたことだけど、やっぱり鏡に映った自分を見てため息。
ドライヤーをかけたら洗面所が髪の毛だらけになってしまい、もう仕事用の服に着替えた後で床掃除をする羽目になりますます朝からイライラ。
「何で朝からそんなに不機嫌なの?」とRにつつかれ、つい八つ当たりをしてしまった・・・。

ゴメン・・・。
と、素直に言えない自分に更に自己嫌悪。


なんとか会社に行ってトイレに行く度に、抜けかかってる髪をすいてみた。
スルスルとどんどん抜ける。
前髪の分け目の辺りはもう昨日の午後の時点でうっすら地肌が見えてきた感じで、トイレの鏡をみて唖然としてしまった。
それから同僚と話すたびに「みんな私の薄い頭を見てる~」と被害妄想に。(苦笑)

これは明日(金曜日)までもたないな~。
できれは今週いっぱいは自毛のままで、土曜の夜に会社のホリデーパーティーがあるのでその時に何気にウィッグデビューしちゃおうかと企んでいたんだけど、もうヤバイ。
で、仕方ないので(←って何が?)今日(金曜日)は「病院に採血しに行かなきゃ行けないんで・・・」ってコトで自宅勤務にしちゃった。


家に帰ってきてから、専用のネットを付けてウィッグを被る練習をしてみた。
ウィッグを何度も被ったり脱いだりしてるとますます髪が薄くなっていくような気がした。
でも後ろの髪はまだ半分くらい残ってるので、絶壁頭の私でもちょうど滑り止めになって良いみたい。

いよいよウィッグデビュー。
はげちょびん頭を見てるよりはちょっとは気持ちが上向きになるかな?

No.31 / 脱毛&Wig / Comment*6 // PageTop


Profile

ミライ

Author:ミライ
横浜出身
アメリカシアトル在住

■ 2010年8月
42歳で浸潤性乳管がん Stage IIbとの診断を受ける。
タイプ:ER(+) PR(+) HER2(-)

■ 2010年10月
右乳房全摘手術

■ 2010年11月~2011年2月
Chemo Therapy(TC療法)

■ 2011年02月~現在
ホルモン治療中

Calendar

11 | 2010/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Latest Journals

Latest Comments

Monthly Archive

Category

Link

Blog Ranking


辛かった時、ここで一緒に闘っている仲間に助けられながら乗り切りました。

応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

Mail Form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Counter

QR Code

QR

Search Form

Display RSS link.

Powered by FC2 BLOG

Let's start blogging!!

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。