未来を見つめて・・・
42歳で乳がん告知(Stage II-b)。米国シアトル在住のサラリーウーマンが、乳がんと闘う記録。





2011.01.12 BRCAテスト結果


先週の金曜日の投与以来、自宅療養中。
そして今日、突然病院からTELがあり、BRCA遺伝子検査の結果報告があった。

結果は陰性。
遺伝子異常は見つからなかった。

良かった~。

BRCA遺伝子に異変を持って生まれると乳がん・卵巣がんになるリスクが普通の人の5~10倍にもなる。
BRCA遺伝子は、今現在の医療技術で血液検査することによって癌になる前にその可能性を調べられる数少ないDNAの1つなのだ。
結果を聞くのは怖かったけど、もし生まれ持ってDNA異常があった場合にはそれなりの対策を考えなければいけない。
もう2度と抗がん剤治療なんてやりたくないとは思っているけれど、可能性があるのなら将来卵巣がんや子宮がんの検査を普通の人よりも頻繁に行うとか、癌が発生する前に卵巣&子宮摘出手術をする事も考えられた。


とりあえず、遺伝子異常が見つからなかったと言うことは、健側への再発や卵巣がんや子宮がんのハイリスクを心配する必要はなくなった。
(だからと言って、再発や卵巣がん、子宮がんのリスクが全くないわけではないけど、リスクは一般の人と同じと言うこと。)

もしこの結果がポジティブだったら、私だけでなく姪っ子にも遺伝子異常を渡してしまった可能性もあり、なんだかすごく罪悪感があったので、ホッとした。
家族の中でこんな思いをするのは私だけで十分。
しかもまだまだ青春をエンジョイしている花の高校生の姪っ子に、将来乳がんになるかもしれないなんて伝えるのは残酷過ぎると思っていたので、本当に良かった。


体調の方は、3回目の投与から5日後だけど、まだだるさ&ムカムカが抜けない。
金曜日に投与して、今週は月~水の3日間も会社を休んでしまった。
カラダが重くて一日家にいても何にもする気になれない。

前回までは5日目過ぎれば結構回復してたのにな。

やっぱり薬が蓄積されているのかな。


胃が空っぽだと余計にムカムカするので、何か食べなきゃと食べたい物を口に入れては見るけれどちっとも美味しくない。
不味くはないけど、美味しくない。
食べたら食べたで、やっぱりムカムカ感は抜けない。

ってか、もういい加減、大根のスープ(夫が大なべ一杯に作っちゃった)と味噌汁の雑炊は食べ飽きた・・・。

嘔吐だけじゃなく口内炎や蕁麻疹を予防するための薬も飲んでいるので、薬を飲むたびに胃がムカムカして口の中から薬の味が消えない感じ。
もう副作用のムカムカ感なのかどうかも分かんなくなってきた。

明日は会社どうしよっかなぁ~。



Profile

ミライ

Author:ミライ
横浜出身
アメリカシアトル在住

■ 2010年8月
42歳で浸潤性乳管がん Stage IIbとの診断を受ける。
タイプ:ER(+) PR(+) HER2(-)

■ 2010年10月
右乳房全摘手術

■ 2010年11月~2011年2月
Chemo Therapy(TC療法)

■ 2011年02月~現在
ホルモン治療中

Calendar

12 | 2011/01 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Latest Journals

Latest Comments

Monthly Archive

Category

Link

Blog Ranking


辛かった時、ここで一緒に闘っている仲間に助けられながら乗り切りました。

応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

Mail Form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Counter

QR Code

QR

Search Form

Display RSS link.

Powered by FC2 BLOG

Let's start blogging!!

Powered by FC2 Blog