未来を見つめて・・・
42歳で乳がん告知(Stage II-b)。米国シアトル在住のサラリーウーマンが、乳がんと闘う記録。





--.--.-- スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011.07.04 お腹が下ってる~~~


今日はアメリカ独立記念日で祭日です。
今窓から遠くに花火が上がるのを見ながらコレを書いてます。
Happy 4th of July!

==============

TC療法で脱毛の次に辛かった副作用は味覚障害。
乳がん治療にはいくつかのレジメンがあるけど、脱毛と一緒に味覚障害は殆どのレジメンにもれなく着いてくる。(苦笑)
いらんっちゅーに。
Chemo中は本当にコレに悩まされた。
その反動でChemo終了直後は、とにかく美味しく食事が出来ることが嬉しくてかな~り自分を甘やかして好きなものをあれこれ食べていた。

せっかくChemo中にちょっと痩せたのに、体重はあっという間に戻り、さらにタモキシフェンの副作用(というコトにしておく・苦笑)で一気に前代未聞の域へ

アメリカでの生活を始めて約20年。
こちらへ来たばっかりの頃は日本食が懐かしく、アメリカの食事であまり美味しいと思えるものもなかった。
ど田舎の寮生活でカフェテリアの食事が余りにも不味く、日本から電子レンジでチンできるご飯やおこわ飯などを送ってもらったり、挙句には日本へ帰ったときに炊飯器を持って帰ってきて量の部屋でこっそり白米を炊いてそれにふりかけを賭けて食べるのが私にとってはご馳走だった。(笑)
カフェテリアで辛うじて食べられるのは、ベーグルとサラダだけだったという、まさに苦学生の食生活。
大学のカフェテリアで生まれて始めて「まずい」と思えるスパゲッティーミートソースを食べたっけ。

なのにこちらの生活が長くなるにつれ、アメリカの食生活に不便を感じなくなっていた。
もちろんシアトルに移ってからは日本食スーパーもあるので、日本食を作るのにも苦労しなくなった。
シアトルには沢山のレストランもあり、アジア系だけじゃなく世界各国の料理が食べられる。
それでも結婚するまでは日本の基準でも太ってはいなかった・・・と思う。

太りだしたのは結婚して仕事を始めてからかな~。
昔から甘いものは大好きで、でも食べても太らない体質だったのに、体質って簡単に変わるんだね~(苦笑)
アメリカのケーキなんて考えられないくらい甘いと思っていたはずなのに、いつの間にかそれが普通になって運動不足+ストレス+過食という条件が揃って、太らない体質からただのデブに変わっていたらしい。
まぁ、こんな生活をしていて太らないはずないよね。
そしていつの間にか太っている基準が日本人からアメリカ人の基準に変わっていた。(汗)


今でも太ったから乳がんになったとか運動不足やストレスのある生活が原因で乳がんになったとは思いたくない。
負け惜しみかもしれないけど、認めたくない。
私の中・高同級生の友人はほっそりと痩せてて太っていたことなんて一度もないのに、30代で私と同じタイプの乳がんになった。
今は元気にしている立派なサバイバーだ。

だから、私も彼女も乳がんになったのは運が悪かったんだと思ってる。

でも乙女としては(笑)やっぱり痩せたいという願望はあるし、年を取るほど代謝は悪くなるし健康的な食生活が大事だと思ってる。
1年ちょっと前からジムに通い始めてやっと運動が生活の一部になり始めた。
でもココまで太っちゃうとちょっと運動した程度じゃ簡単には痩せられない。(涙)
太るのは簡単だったのに痩せるのってこんなに難しいんだ~と実感。
若い頃やせる努力をしなくても済んだため、ダイエットはいつも続かない。

でも最近本気で食生活改善を試みている。
甘いものをカットして、炭水化物(特にパンなど薄力粉を使ったもの)を出来る限り取らないようにして、炭水化物は野菜と果物から摂取するように心がけるようにしてみた。
そしてタンパク質は鶏肉、豆腐類、ナッツ、魚の良性のタンパク質を取り入れるようにした。
牛肉&豚肉を買うときにはオーガニックでホルモンを全く使用していないと書かれたものしか買わない。
時にはスーパーをハジゴしなきゃいけない時もあるんだけど、今までそんな事も考えずに食べていたと思うと結構コワイかも。

タイムリーにブロ友さんのHOPE122さんのサイトこんな記事を発見した。
どうやら低炭水化物&高蛋白の食生活は乳がんの進行を遅らせリスクを下げるという研究が出ているらしい。


肉食は良くないとも聞いていたけど私は全く肉を食べない生活は無理だと思ってたし、ご飯も絶ってしまうのは無理なので玄米を混ぜてとか全くゆるゆるの食生活改善なんだけど、今までと同じ様な食事をしてるよりはちょっとはマシなはず・・・でしょ?!
一気に無理して極端に変えるよりはユルユルでも続けられそうな方法を自分で探していこうと思ってる。

と、前書きが長くなったけど、こんなにユルユルでも食生活を変えたせいでこの1週間ほどお腹は痛くならないのにBENが下ってしまいもう大変っ!

低炭水化物だと便秘になると思っていたのに、下痢ピーで悩まされるとは全く予想外だった。
ググッてみたら、低炭水化物の食事に変えた直後には良く出る症状らしい。
それにしてもいつまで続くのか・・・


痩せるって本当に大変なんだなぁ~と実感してる今日この頃。(苦笑)


ポチッとしてね♪
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

No.75 / 生活&仕事 / Comment*24 // PageTop


Profile

ミライ

Author:ミライ
横浜出身
アメリカシアトル在住

■ 2010年8月
42歳で浸潤性乳管がん Stage IIbとの診断を受ける。
タイプ:ER(+) PR(+) HER2(-)

■ 2010年10月
右乳房全摘手術

■ 2010年11月~2011年2月
Chemo Therapy(TC療法)

■ 2011年02月~現在
ホルモン治療中

Calendar

06 | 2011/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Latest Journals

Latest Comments

Monthly Archive

Category

Link

Blog Ranking


辛かった時、ここで一緒に闘っている仲間に助けられながら乗り切りました。

応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

Mail Form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Counter

QR Code

QR

Search Form

Display RSS link.

Powered by FC2 BLOG

Let's start blogging!!

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。