未来を見つめて・・・
42歳で乳がん告知(Stage II-b)。米国シアトル在住のサラリーウーマンが、乳がんと闘う記録。





2011.07.17 タモの飲み忘れ


ホトフラや関節痛が日常の一部になってきたこの頃。
関節痛は特に朝起きてすぐの時、膝と足首ががキツイ。

あと蕁麻疹が今でも1週間に2回くらいは出るので、抗ヒスタミン剤も手放せない。

相変わらず生理は戻らない。
このまま閉経可能性大だな~。
まぁ、それならそれでいいけど。
特に旅行の前に生理の心配をしたくて済むのはとっても楽チン!と実感した。


でも一番大事なタモキシフェンを1日2錠必ず飲まなきゃいけないのに、つい忘れてしまう。
本当はきちんと時間を決めて飲むものなんだろうけど、朝の10時頃だったり夕方だったり、全然決まってない。

あれ?今日はなんだかホトフラが少ないな~と思った瞬間、「あ、タモ飲み忘れた!」と気がつくことも良くある。(^^;)

それとか、夕方くらいになって「あれ?今日はもうタモ飲んだんだっけ?覚えてない!」ってな事も良くある。

アメリカの薬は一錠ずつ包まれているわけじゃなく、ボトルに90日分がまとめて入っているので残りがどの位あるのか数えるのも面倒。
容器の中の薬が僅かになったら次の90日分を注文するという感じで、とってもアバウト。(笑)

そこでなんとか飲み忘れ&飲みすぎ(?)をしないようにする方法を考えた。

iPhoneのアプリでこんなのを見つけたよ。

app.png

タモを飲んだらその日付をポチッとするとカレンダーにチェックマークが付くの。

チェックマークをつけるまでiPhoneのホームページのアイコンにも”①”と表示されるので一目瞭然で分かる。
タモと抗ヒスタミン剤はいつもバックの中に入れて持ち歩いているので、タモを飲むときにiPhoneも一緒に出して、飲んだらポチッとするようにしている。

それでも飲み忘れてしまう日もあるんだけどね・・・。
これは主治医には内緒。(笑)


本当はバケーションに出る前に主治医に会いたかったんだけど、予約がいっぱいで診察は8月になってしまった。
前回聞いたときは、マーカー値の血液検査もしないしただの問診だけと言われた。
マンモだけは年に一回やってね~と言われただけで、エコーもCTも何にもなしらしい。
受付の人にもフォローアップなら、別に痛いところとか不安な事があるわけじゃなければ急がなくても大丈夫ですよと言われ、8月の予約を取った。

でもあんまりほったらかしにされちゃうのもなんだか不安なんだけどね。


ポチッとしてね♪
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

Profile

ミライ

Author:ミライ
横浜出身
アメリカシアトル在住

■ 2010年8月
42歳で浸潤性乳管がん Stage IIbとの診断を受ける。
タイプ:ER(+) PR(+) HER2(-)

■ 2010年10月
右乳房全摘手術

■ 2010年11月~2011年2月
Chemo Therapy(TC療法)

■ 2011年02月~現在
ホルモン治療中

Calendar

06 | 2011/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Latest Journals

Latest Comments

Monthly Archive

Category

Link

Blog Ranking


辛かった時、ここで一緒に闘っている仲間に助けられながら乗り切りました。

応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

Mail Form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Counter

QR Code

QR

Search Form

Display RSS link.

Powered by FC2 BLOG

Let's start blogging!!

Powered by FC2 Blog