未来を見つめて・・・
42歳で乳がん告知(Stage II-b)。米国シアトル在住のサラリーウーマンが、乳がんと闘う記録。





--.--.-- スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012.06.23 診察


前回診察に行ったのは年が開けてすぐだった。
本当は4ヶ月毎にオンコロジストのDr. Cに会いに行かなきゃいけないんだけど、試験があったため一ヶ月伸ばしてしまった。

前にも書いたけど、私の主治医のオンコロジストはマーカーのチェックもしないし、勿論CTやPETスキャンなども一切やらない主義。
スキャンでがん細胞が見つかる頃には必ず何かの症状が出ているはずだから、自覚症状がないならスキャンをしても無駄だと言われた。
その話はRにもしてあったんだけど、私が「あ、Dr.Cとのアポ取らなくっちゃ」と話していたら、「Drが再発してるかどうかの検査をしないなんて納得いかない」とか言い出したので、またDrに言われた通りに説明したんだけど、検査をしなかったら再発した場合に手遅れになってしまうとか言い張って聞く耳を持たない。
じゃぁ、一緒にアポにきてDrに自分で聞いてみれば?と言うことになり、今回はRも診察についてきた。

いつものようにホトフラが出る事、膝の痛みも我慢出来なくはないけど朝とか痛みがあることなどを伝えて、その他は至って元気ですと伝えた。
運動も頑張ってしてるけどちっとも痩せない事も付け足した。
痩せなくても運動は身体にいい事だから続けましょう!と言われてしまった。

はい、頑張ります。

そしてRが直接、なんで他の検査をしないのかDrに質問した。
返ってきた答えは私が説明したことと一緒。
だ~か~らぁ~、そう言ったじゃん。

Dr.Cによると、今年の春に ドクターがするべきで無い45の項目という記事が発表されて、その内の5項目は癌・腫瘍内科に関わる項目だったという。

American Society of Clinical Oncologyがまとめた記事はこちら

3つ目と4つ目が乳がん患者に関する項目で、3番目は「DCISまたはステージI 、IIと診断された初期の乳がん患者で、再発の確立が低い場合はCT、PET、骨スキャンなどの検査にはベネフィットが少なく、過剰治療や不必要な放射線を受ける可能性があると言っている。(これは告知後、治療または手術を受ける前のことだと思います。)

そして4番目の項目が、正に私に当てはまる状況。

"Don’t perform surveillance testing (biomarkers) or imaging (PET, CT, and radionuclide bone scans) for asymptomatic individuals who have been treated for breast cancer with curative intent."

治癒する目的のための(一通りの)治療を終えた乳がん患者で自覚症状がない患者に対して、検査目的の腫瘍マーカーのチェック、PET、CT、骨スキャンなどの検査をするな!と言っている。
幾つかの研究でこう言った検査が治療を終えた乳がん患者には全くベネフィットがないと証明されているとも書いてある。

ほ~ら、やっぱりDrは嘘ついてなかったじゃん。(って、嘘ついてたら困るけど・苦笑)

確かに不安がない訳じゃないけど、検査をする度にドキドキする必要もないし、自分の中で病気と治療のことを過去の事として考えて、いつまでも自分は病気なんだって思わないでいられるような気がするので、私的には納得している。


でも、今回も採血だけはしてもらった。

それは完全に閉経しているかどうかを調べてもらうため。

月のものは抗がん剤治療中に止まって以来全く戻る気配もない。
それはそれで快適だから良いんだけど、前回の血液検査ではまだ完全に閉経はしていないと言われた。

こんかいも数字に変化は余りなく、エストロゲンのレベルはタモで抑えてるから低いんだけど、あと2つの数字は脳がどれくらいホルモンを出しているかを見る数値らしい。
Drの説明によると、生理も止まってタモも良い仕事をしてくれているんだけど、私の脳みそがまだホルモンを出そうと頑張っているらしい。(^_^;)

一応、まだ女を捨てたくない意地があるのかな。(笑)

というわけで、またしてもタモ続行。


あ、もう一つDrに確認したかったのは、タモブレインのコト。

やっぱりタモブレインと言うのは無いらしい。
キモ中に一気に瞬時の記憶が無くなったりして自分でもビックリすることがあった。
キモが終わって一年も経つのに回復の兆しは見えないどころか、ますます進んでいる気さえすると言うと、キモブレインの症状は時間が経っても元に戻らないことは良くあるので、きっとそのせいでしょうという事だった。
キモブレインが一生回復しないのか?と聞いてみたら、その可能性もあるし、回復する前に老化で物忘れが出て来たりしてどこが境目なのか分からなくなっちゃうんだよね・・・(笑) だって。

もうコレは受け入れる以外ないのかもね。


更年期だけじゃなく、ボケまで普通の人より10年近くも早く体験することになるなんてね~

仕事でミスを出さないように気をつけないと。


スポンサーサイト


Profile

ミライ

Author:ミライ
横浜出身
アメリカシアトル在住

■ 2010年8月
42歳で浸潤性乳管がん Stage IIbとの診断を受ける。
タイプ:ER(+) PR(+) HER2(-)

■ 2010年10月
右乳房全摘手術

■ 2010年11月~2011年2月
Chemo Therapy(TC療法)

■ 2011年02月~現在
ホルモン治療中

Calendar

05 | 2012/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Latest Journals

Latest Comments

Monthly Archive

Category

Link

Blog Ranking


辛かった時、ここで一緒に闘っている仲間に助けられながら乗り切りました。

応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

Mail Form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Counter

QR Code

QR

Search Form

Display RSS link.

Powered by FC2 BLOG

Let's start blogging!!

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。