未来を見つめて・・・
42歳で乳がん告知(Stage II-b)。米国シアトル在住のサラリーウーマンが、乳がんと闘う記録。





--.--.-- スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013.03.08 婦人科へ


日本から帰って来てから一度も更新してなかった~(^_^;)

はい、私は元気です。
日本にいた間の非日常な毎日と比べて、いつもの日常の生活に戻るとあっという間に時間が過ぎちゃうのよねー。
気がついたらもう3月。
今日は久しぶりに晴れ間が出てちょっと春の気配を感じた。

で、本題ですがちょっとビックリする報告がいくつかあったので久しぶりにココに記録として残しておく。

去年の11月にFamily Doctor(専門医じゃなく風邪でも何でも見てくれるドクター)にチェックアップに行って子宮頸がん(pep smear) の検査をした時に子宮口近くにのう胞があると言われ、婦人科の先生に見てもらうように勧められた。
実は今まで子宮頸がんとroutineのチェックアップはFamily Doctorの所で済ませていたので、この年になっても婦人科の先生にかかったことがなかった。
取り敢えず電話して女性のドクター希望ということだけ伝えて予約を取った。
でも日本へ行ったり、先生のバケーションが入って予約変更になったりして(またかよ!)のびのびになっちゃって、やっと今週水曜日に初診察へ行って来た。

ドクターとまずは問診。
私の行っている病院の良いところは、どの専門の先生の所に行っても自分の病歴、検査結果など全てコンピューターに入っているのでいちいち最初から説明しなくて済む。
ドクターもそれなりに患者に会う前に予習をしてきてくれるのもありがたい。
もうかなり年のいった(失礼)先生だったんだけど、顔を見るなり「まぁ、ここ数年はイロイロ大変だったみたいね~。体調はどう?」と明るく声をかけてくれ、ちょっと緊張がほぐれた。

と思ったら、なんと先生が「私も去年のクリスマスの次の日に全摘手術をしたのよ。しかも両側全摘!去年は本当に散々な一年だったわ~」
そこで私も「あぁー、その気持ちわかります~。人生変わりますよね。(笑)」といきなりサバイバー同士の会話へ。
ガンの場所と広がりの関係でS字の傷跡をなのよって言いながらドクター自ら自分の傷跡を見せてくれて、私のも見せたりして。(笑)
まだ術後2ヶ月のドクターはパッド入りのキャミしか着れないそうで、でももう少ししたら普通のブラが出来ますよ~って教えてあげた。
んで、 ついでにニセチチもブラから出して見せてあげたら「触り心地は本物みたいねぇ~」って感動してた。
Nordstromに行けばポケット付けてくれますよ。更にブラ代も80%保険持ち。
と言ったら早速それは注文しなきゃだわとますます喜ぶお茶目なドクター。

だから、はい、診察お願いします・・・とやっと診察開始。ここでまたちょっとビビる。
まずのう胞を確認したら、これは見た目は良性だから問題ないと思うけど取っちゃいましょうと言われ(え?今日いきなり今取っちゃうの?)とココロの中で思いつつ、「麻酔とかするんですか」と取り敢えず聞いてみた。
「ちょっとだけ麻酔のクリームを付けますよ」と言われカチャカチャと何やら器具の準備をしてるらしき音。
が、抵抗する暇もなくささっと取ってもらい「念のため病理に出しておきましょう」と言われて終わってしまった。(早っ)
でもちょっと痛かった (-。-;
結果は来週の初めには出るらしい。
タモを飲んでると子宮がんになる可能性が高くと言われている事が気になるというと、もし出血があった場合は(すでに生理は止まってるので)すぐに私に会いに来なさいと言ってくれた。

そして昨日の木曜日に少し出血があったんだけど、これはきっとのう胞を取ったせいだよね・・・とあまり心配はしていなかった。
が、今日になって更に出血が酷くなり、ドクターに連絡した方が良いのかな~なんて思っていた。
ますます増えていく出血の量。
生理用品もう要らないからって処分してなくて良かったよ~なーんて思いつつ、ふと考えた。

ン?もしかしてコレって、のう胞を取った後の出血じゃ無い・・・?

このお腹と腰のダルさ。
そうそう、覚えてるよ。この感覚。

なんといきなり月のモノが戻ってきてしまった~~~

嬉しいようなウザったいような、複雑な気持ち。
やっぱり血液検査で出ていた通り、閉経してなかったんだね。
お赤飯炊いちゃう? (←違うって)f^_^;)

閉経を認めたくなかったのも事実だけど、生理が戻ってくるのはウザいのよね~
2年以上ぶりの生理だとすごーく重くなるかと思ったけど、以外に普通。
でも腰がダルイしなんだか気持ちもイライラ。

今週末は合唱のパフォーマンスがあるので、それでちょっと気分が上がると良いんだけどね。

で、ここでちょっとお知らせ。
また3/11の震災復興のためのイベントに参加します。
Shout Out to Japan ~ Cheers from Seattleというイベントでニコニコ動画で日本時間の3/11の朝3am頃から生中継で流れるらしい。
ココで見られるそうです。
私たちの出番は最後なので(はい、大トリです・笑)きっと朝の7-8am頃かなぁ?
今回はNHKでヒットした(?)『花は咲く』の3部合唱です。
月曜日のこんな時間にネットでニコニコ動画を見てるヤツなんて果たしているんだろうか?
普通の人は学校とか会社行ってる時間だよね?!
でも関係者に言わせると、約8万人くらいの視聴者がいるらしい。

もしお暇な方がいらっしゃったら覗いてみて下さい。

久しぶりに書いたら長くなっちゃった。

他にも再建の事もこれからもまた進んでいくと思うので、近いうちに報告しますね~

Have a great weekend ♪
スポンサーサイト


2013.03.12 Shout Out to Japan


震災の2周年にシアトルから日本へ応援のメッセージを送ろうという企画のイベントも無事に終わった。

会場には思ったより沢山の人が来ていて驚いた。
日本人や日系人だけじゃなく、いろんな人が少しでも力になりたいと寄付金を持ってきてくれるのを見て、この国の人々の温かさを感じた。

当日の朝、悲しいニュースが届いて重い気持ちで出かけて行ったんだけど、歌う前に一瞬色んなコトが頭の中を巡って泣きそうになったけど、今の自分の気持ちを込めて一生懸命歌った。

花は花は花は咲く いつか生まれる君に~
花は花は花は咲く 私は何を残しただろう~

最後は会場も一緒になって歌った。

歌い終わったら会場から長い拍手を頂いてまた泣きそうになった。

震災も病気も道理では説明できない不公平な世の中だけど、一人一人の思いやりの気持ちが集まれば、きっと乗り越えていけるはず。
いや、乗り越えていかなきゃいけない。

今こうして元気でいられる事に感謝してまた次の一歩に向かって進んで行くことが今の私にできる事。

これからもシアトルから日本を応援して行きます。
No.134 / つぶやき / Comment*4 // PageTop


Profile

ミライ

Author:ミライ
横浜出身
アメリカシアトル在住

■ 2010年8月
42歳で浸潤性乳管がん Stage IIbとの診断を受ける。
タイプ:ER(+) PR(+) HER2(-)

■ 2010年10月
右乳房全摘手術

■ 2010年11月~2011年2月
Chemo Therapy(TC療法)

■ 2011年02月~現在
ホルモン治療中

Calendar

02 | 2013/03 | 04
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Latest Journals

Latest Comments

Monthly Archive

Category

Link

Blog Ranking


辛かった時、ここで一緒に闘っている仲間に助けられながら乗り切りました。

応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

Mail Form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Counter

QR Code

QR

Search Form

Display RSS link.

Powered by FC2 BLOG

Let's start blogging!!

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。