未来を見つめて・・・
42歳で乳がん告知(Stage II-b)。米国シアトル在住のサラリーウーマンが、乳がんと闘う記録。





2010.11.08 新しいオンコロジスト


10月1日 Dr. Chenとのアポ

MRIバイオプシーは病院外の専門クリニックでやらなければいけないので、その予約を取る前にreferral(推薦?)を保険で認めてもらわなければならない。

病院で手続きはやってくれるんだけど、そのapprovalに時間がかかってなかなか予約が出来なかった。

その間に、同じ病院内の別のオンコロジスト、Dr. Chenに会いに行くことにした。
一応、今の時点では術前抗がん剤のあと温存手術と言う形で考えていたので、セカンドオピニオンとして他のDr.からどんな抗がん剤を勧めるのかを聞いてみたかったのもあるし、やっぱり最初にあったオンコロジストとは相性が良くない気がしたので、別のDr.を紹介してもらった。

Dr. Chen はまだ若く(多分40代)で自分の研究を学会で発表したりもしているらしい。
話しを進めるのもきちんと段取り良く分かりやすく説明してくれた。

やっぱり私の第一印象は間違ってなかった。
普通はDr.ってこういう風に説明してくれるものなんだよね。

抗がん剤の副作用で早期更年期の症状が出るかもしれないのと、そのまま更年期を迎えてしまう可能性があるとも言われた。
この事はネットで読んではいたけれど、最初のオンコロジストは何も言ってくれなかった。

もしこの先子供を作る予定があるならば、Fertilityのスペシャリストに話しを聞いたほうがいいと言われた。
子供は作らないまま今まで来ちゃったけど、正直なところ今になってやっぱり心のどこかで子供が欲しかったって思う気持ちがないわけじゃない。

人工授精や卵子を冷凍すればキモセラピーが終わってから人工的に妊娠する事は可能だと言われた。
でもそこまでして自分の子供にこだわる必要があるのか?とも考える。
もちろん、どうしても子供が欲しいならアドプトする事だって可能だ。

その時はとっさに判断できなくて、今はとにかく自分の治療に専念しなきゃという気持ちがあって、すぐにFertilityのスペシャリストを紹介してもらう必要はないと返事をしておいた。

このことに関してはとりあえず、もう一度ゆっくり考えてみよう。




Comment Post

Name:
Subject:
E-mail address:
URL:

Edit password:
Private comment:Only the blog author may view the comment.


Profile

ミライ

Author:ミライ
横浜出身
アメリカシアトル在住

■ 2010年8月
42歳で浸潤性乳管がん Stage IIbとの診断を受ける。
タイプ:ER(+) PR(+) HER2(-)

■ 2010年10月
右乳房全摘手術

■ 2010年11月~2011年2月
Chemo Therapy(TC療法)

■ 2011年02月~現在
ホルモン治療中

Calendar

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Latest Journals

Latest Comments

Monthly Archive

Category

Link

Blog Ranking


辛かった時、ここで一緒に闘っている仲間に助けられながら乗り切りました。

応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

Mail Form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Counter

QR Code

QR

Search Form

Display RSS link.

Powered by FC2 BLOG

Let's start blogging!!

Powered by FC2 Blog