未来を見つめて・・・
42歳で乳がん告知(Stage II-b)。米国シアトル在住のサラリーウーマンが、乳がんと闘う記録。





--.--.-- スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.11.07 ナースナビゲーター


私がお世話になっている病院で最近始めたプログラムにナースナビゲーターというのがあり、癌を宣告された患者さんにRegistered Nurse (RN)をアサインしてくれる。最初に電話でアンケートの質問に答えて、プログラムに適していると判断された場合、ナースがお世話役のような形で患者の話を聞いてくれたり質問に答えてくれたりするのだ。

癌だと分かって絶望している時にこの電話アンケートを受けて、プログラムに参加する興味があるかどうか聞かれた。
藁にもすがる思いだったので、医療の知識のあるRNが付いてくれるなら心強いと思ったのでその場で参加したいと伝えた。

次の日にはナース(Lさん)から電話がかかってきて、ここまでの経緯などを全て話し、不安に思っていたことなど色々と話を聞いてもらった。

これだけで気持ちがすごく楽になった。

Lさんとは毎週水曜日に約30分電話で話しをする。
自分の中で溜まってる気持ちや不安に思っていることを話すと、分かりやすく説明してくれるし、愚痴も聞いてくれる。
手術が終わってまだ次の治療が始まっていない今でも、週に一回Lさんはきちんと電話をくれる。

こんな病気になったのはアンラッキーだったけど、こんな状況の中で支えてくれる家族や友人、それ以外にも本当に思いやりのあるDrやナースに助けてもらえて、私はラッキーだったと思った。


こういうサービスが日本でもあるのかどうかは分からないけど、体の状態を見てくれるドクターだけじゃなくて、病院が精神的なサポートをしてくれるシステムがあったら、きっと患者にとっても家族にとっても強い心の味方になるんじゃないかな・・・と思う。

病は気からというくらい、精神的な安定はとっても大事なことだとつくづく思った。
スポンサーサイト


Comment Post

名前:
Subject:
メールアドレス:
URL:

パスワード:
非公開コメント:管理者にだけ表示を許可する


Profile

ミライ

Author:ミライ
横浜出身
アメリカシアトル在住

■ 2010年8月
42歳で浸潤性乳管がん Stage IIbとの診断を受ける。
タイプ:ER(+) PR(+) HER2(-)

■ 2010年10月
右乳房全摘手術

■ 2010年11月~2011年2月
Chemo Therapy(TC療法)

■ 2011年02月~現在
ホルモン治療中

Calendar

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Latest Journals

Latest Comments

Monthly Archive

Category

Link

Blog Ranking


辛かった時、ここで一緒に闘っている仲間に助けられながら乗り切りました。

応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

Mail Form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Counter

QR Code

QR

Search Form

Display RSS link.

Powered by FC2 BLOG

Let's start blogging!!

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。