未来を見つめて・・・
42歳で乳がん告知(Stage II-b)。米国シアトル在住のサラリーウーマンが、乳がんと闘う記録。





--.--.-- スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011.01.06 すごいぞ、デキサメタゾン!


時間が経つのは早い。

もう前回の投与から3週間経ってしまった。
明日は3回目の投与。
だんだん予想される副作用が分かってくると、病院に行くのがちょっとイヤになる。

なんとも表現しがたいけだるさで、海で油の汚染にまみれた鳥になったような気分とでもいうのかな。
あぁ~、またあのけだるい1週間が来るんだなぁ・・・と思うと憂鬱になってしまう。

でも、やらなきゃいけない事だから。
もう折り返し地点までは来たんだから。
だから、明日は自分にちょっとカツを入れて行ってこよう。


今日は会社でレビューがあった。
ボスから去年後半6ヶ月のパフォーマンスについて話をしたら、結構お褒めの言葉を頂いた。
しっかり年末にボーナスももらったし、病気が分かってからも全面的にサポートしてくれて、本当に感謝をしている。

が、

手術&治療のために休みは取ったけど、ちゃんとBillable Hoursのゴールは達成した。

そして、パフォーマンスをコレだけ褒めちぎっといて、昇給なし・・・ですか?

え???

ここで、とっさに考えた・・・。


いや、術後に休みをもらったり、抗がん剤の投与のために病欠を使ってはいるけど、それは従業員に与えられてる権利であって、アメリカではそういう事情で評価に差別はしちゃいけない法律になっていて、ちゃんと主治医からの診断書も提出したはず。


このまま黙っておとなしく「そうですか・・・」と引き下がってしまったらアカン!


半年前にもう1人のパートナーから抜き打ちの昇給を伝えらた時に、約束していた額の半分しか人事が認めてもらえなくて、差額は年末のレビューの後にあげるから・・・って言いましたよね?
ついでにCOLA(Cost of Living Adjustments)も付けてくれるって言われたはず。
書面には残さなかったけど、キモブレインに犯されつつあるけど、記憶力はまだそこまで衰えてないっすよ。


出世なんてしなくてもいいから普通の生活がしたいってココには書いたけど、一度約束されて目の前にぶら下げられたものを突然なかったようにされちゃうのはやっぱりおかしいでしょ。

ダメもとで当たって砕けろなアメリカ人の中で働いていると、たまに自分がどれだけ今までそんな役回りをしていたのかと思うことがある。
日本だと「出る杭は打たれる」という諺が、アメリカだと「キーキー音を立てるほど油をさしてもらえる」(Squeaky Wheel gets the grease)という諺に変わってしまう。

乳がんと言う病気に直面して、人生いつ何が起こるか分からないと言う事を去年イヤと言うほど味わった。

後で後悔しないためにも、黙ってて我慢して損をするのはもうゴメンだ。

ここはとりあえず、ダメもとでキーキー音を出して見る事にした。


ボスはすかさず、「それはボーナスの話だったと思うけど」と切り替えしてきたけど、
ボーナスから昇給額引いたらちっぽけな額しか残らないんですけど・・・。
そしたら昇給なしだったら、私はこのちっぽけなボーナスしかもらえなかったと言うことですか?
と私も負けずに詰め寄った。


結局、ボスの答えは

I'll get back to you on this.

とりあえず今日の話し合いはおしまい。
でも、このままなかった事にはさせませんよ。

キャンサー・サバイバーには怖いものなし。

今日は次の投与前日だったので朝からステロイド剤を飲んでるから、強気に出られたのもステロイド剤のお陰かな?
すごいぞ、デキサメタゾン!

治療が終わってからもドクターに頼んでデキサメタゾン処方してもらえないかな。(笑)

スポンサーサイト


Comment Post

名前:
Subject:
メールアドレス:
URL:

パスワード:
非公開コメント:管理者にだけ表示を許可する


やっぱり、アメリカで生活するって、
ある程度タフな部分がないとって感じでしょうか?
いえ、それが「普通」なのかしら。

20数年前(!)ワーホリで豪州に行き、
日系の旅行代理店で一年ほど働いていましたが
顧客は日本人だし緩々でした。
が、当時知り合った子は優秀で、
すぐ、イギリス系の投資銀行にスカウトされ、
パーマネントビザも取ってもらい
日本担当ということで、数年、バリバリ働いていたけれど
日本のマーケットの魅力がなくなると共に、仕事も減らされ
ある日出勤してみたら、自分のデスク回りのものはすべてロック。
30分以内に、私物だけ持ってオフィスを出るように!という
日本じゃ、労働基準法違反じゃないの?
と思われるようなシビアな解雇。

その話を聞いたときは、ホント、厳しいなぁ~と思いました。

命と対峙させられた私たち
シンプルだけど大切なこと!は、守っていきましょうね~。
明日の投与、お大事に!

2011.01.07(03:01) / URL / yannchan / [ Edit ]

++yannchanさん++

3回目の投与も無事に終わりました。

アメリカも解雇される時はあっけないですよ。
私の会社でも2年前にレイオフがあって、同僚は午後に解雇を告げられてその日の5pmには荷物をまとめて会社を去りました。
その当日私は会社を休んでいたので、他の同僚からメールで連絡があり、最後に挨拶をすることも出来ずじまいでした。
いつ切られるか分からないからやっぱり自分の身は自分で守らなきゃいけないと思ってます。
2011.01.07(18:03) / URL / ミライ / [ Edit ]

おっしゃるとおりですね、杭が出ないようにしてるとソンばっかりしてしまうような気がします。
黙っていても仕事をしてれば認めてもらえる日本と違って、トークやプレゼンテーションが得意な人たちが出世していくアメリカだもんね。

昇給してもらえるといいですね!
2011.01.22(17:28) / URL / Hope122 / [ Edit ]

++Hope122さん++

こんばんわ~。
こちらの生活が長くなると強くなります。(苦笑)
自分の事は自分で売り込まないと損しちゃうからね。
薬の助けもありちょっと強気になれました。
昇給の話しはまだ保留なので、結果が出たらまた報告しますね。
2011.01.22(23:13) / URL / ミライ / [ Edit ]

Profile

ミライ

Author:ミライ
横浜出身
アメリカシアトル在住

■ 2010年8月
42歳で浸潤性乳管がん Stage IIbとの診断を受ける。
タイプ:ER(+) PR(+) HER2(-)

■ 2010年10月
右乳房全摘手術

■ 2010年11月~2011年2月
Chemo Therapy(TC療法)

■ 2011年02月~現在
ホルモン治療中

Calendar

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Latest Journals

Latest Comments

Monthly Archive

Category

Link

Blog Ranking


辛かった時、ここで一緒に闘っている仲間に助けられながら乗り切りました。

応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

Mail Form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Counter

QR Code

QR

Search Form

Display RSS link.

Powered by FC2 BLOG

Let's start blogging!!

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。