未来を見つめて・・・
42歳で乳がん告知(Stage II-b)。米国シアトル在住のサラリーウーマンが、乳がんと闘う記録。





2011.02.10 イマゴロ痺れが・・・


やっぱり4回分の薬が体に蓄積されてるのかな。

今頃になって指先と足の指に痺れが出てきた。

つま先は痛みはないけど、ずっとしびれた感覚が無くならない。
スキーのブーツを脱いだ直後のような感覚。
靴を脱いでもず~っとジンジンしびれた感覚が続いてる。
指の爪は色素沈着も見られるし、ピリピリして爪を触ると痛い感じ。

我慢できない痛みじゃないんだけどね。


今回は最後の投与だったから、投与が終わったとたん開放感いっぱいで喜んでいたけれど、投与後の副作用がじわじわ来ることを忘れていたョ。〔苦笑)
本当なら次の投与までまだ一週間以上もあるんだもんね。

今日は家に帰ってきたら背中に蕁麻疹が出ていて、慌てて効ヒスタミン剤を飲んだ。
この薬はアレルギー反応の予防のために、本当は毎日飲んでくださいって言われてたんだっけ。(^^;)


食欲も味覚も少しずつ戻ってきた。

昨日は仕事の帰り道に久しぶりに日本食屋へ行って、から揚げとポテトコロッケ入りのBento Boxを完食した。
おいおい、両方揚げ物ぢゃん。
でもと~~~っても美味しかったぁ~。

この調子だと、体重が戻るのも時間の問題かな。


それから困っているのが、Chemo Brain

仕事中、突然数分前の記憶が消えてしまう。

クライアントと電話で話しをする時などは常にメモを取ってるから良いんだけど、同僚と話をしてプロジェクトの段取りを決め、自分のデスクへ戻ると・・・アレとコレと、あれ?あともう1つはナンだったっけ??
どんなに思い出そうとしても思い出せない。

仕方がなくまた同僚の所へ戻り、「ゴメン、さっきの話なんだけど、アレとコレともう1つはナンだったっけ?」と聞きながら、私ったら白ヤギさんと黒ヤギみたい〔笑)なんて思ったり。
でも同僚は白ヤギさんと黒ヤギさんの歌を知ってるはずもなく、一人でププっと思い出し笑いをしている私。

完全に怪しぃ~〔笑)>自分

40は過ぎたけど、まだボケるのには早いぞ。

いつになったら薬が体から抜けてくれるんでしょうか。
やっぱり抗がん剤を甘く見ちゃいかんね。
ってか、薬が抜けたらChemo Brainは治るのか?

まぁコレもあとちょっとの辛抱(のハズ)。

慌てずぼちぼちとのんびり行きましょう。



Comment Post

Name:
Subject:
E-mail address:
URL:

Edit password:
Private comment:Only the blog author may view the comment.


ミライさん、こんにちは。

先日コメントさせて頂いたyoshizoです。
その際は暖かいメッセージをありがとうございました。
昨日無事TC1回目投与を行いました。
2日目現在は、いつもと何も変わらず過ごしています。多分これから、色々が起こってくるんだろうなーと漠然とイメージしています。

最終投与終了後に来る副作用もあるんですね。
後から後から、色々な症状が追いかけてくるんですね。
ちょっと怖いです(←まだまだひよっこですね)
私は今回が人生初のchemo therapyなので、世の中には色々な薬があるものだなぁ、、、なんて、心の片隅で驚きが隠せません。
パンフなどをみると、「諸症状は時間の経過と共になくなる」とありますが、どうなんでしょう。
早く薬剤が体から抜けていくといいですね。

治療をしながらのお仕事、本当に大変なことだと思います。
どうぞお大事なさってくださいね。

申し遅れましたが、私は42歳の昨年7月にオランダで乳がん発覚、その後単身日本へ戻り同年8月に手術・放射線治療終了。43歳になった現在ハーセプチン治療とTC治療(4回)がスタートしました。

長文になり失礼しました!
2011.02.10(22:03) / URL / yoshizo / [ Edit ]

東京圏も雪でシアトルに負けない寒さかもしれません。
ベッドから出られません〜
タキサン系は、浮腫や痺れ、爪への影響など懸念されますね。
私も、痛みや痺れのコントロール、
アレコレ検討してみたあげく、
今回、漢方処方して貰いました。
効果あると良いのですが。癌の標準治療法との飲み合わせもあるみたいで
ホルモン療法中の人は、この成分は控えるとか、
この抗がん剤の時はこう、みたいなものがあるようなので
ex.一見体に良さそうな高麗人参や生姜、ニンニク成分など。
漢方専門ではなく、西洋医学メインで抗がん剤治療も勿論行い、
かつ、漢方にも詳しいという医師の見解や
実際、サバイバーの方の処方薬など参考にさせて頂きました。

あと、これ飲んでるから大丈夫!
という心理的作用も期待して(笑)

なんか、地味に続く症状って、激しくない分
こんなものかな〜とやり過ごしてしまいがちだけど
ドセを前に、少しだけ積極的な対処を考えてみました。

ミライさんの諸症状も緩和されますように!!
2011.02.10(23:55) / URL / yannchan / [ Edit ]

++yannchanさん++

関東地方は雪のようですね。
会社はお休みしたのでしょうか?
休めるときはゆっくり休んで下さいね。

痺れは4回終わってから初めて出てきました。
こういう地味な副作用ってドクターに言っても「仕方ないね~」で済まされちゃうところがありますよね。〔苦笑)
確かに我慢できない痛みじゃないし、生活に支障が出るわけじゃないんですけど。
でも漢方薬で少しでも軽減できるなら試してみる価値はあるかもしれません。
投与数日後に2~3日体全体が筋肉痛のように痛くなる症状は毎回ありました。
それが過ぎると楽になったかな。

でもFECも確実に効果が見られたようで、頑張った甲斐がありましたね。
本当に本当に良かったですね。
ゴールまであとちょっとです。
いつでも応援してますよ!!
2011.02.11(21:49) / URL / ミライ / [ Edit ]

++yoshizoさん++

まずはTC1回目投与、お疲れ様でした。
体調もまずまずと言う事で良かったですね。
これから1週間くらいが一番キツイかもしれませんが、無理はしないでゆっくり体を休めてくださいね。
タキサン系は白血球値が下がるのが早いらしいので、一週間から10日がピークのようです。
それを過ぎると楽になると思います。
お大事になさって下さいね。

yoshizoさん、同年代ですね~。
私も告知されたときは42で、今年43になります。
単身で帰国されたと言うことはご家族はオランダなのかな?
心細いこともあるかと思いますが、他のサバイバーの方達もみんな励ましてくれるし応援してくれます。
みんなで一緒に闘っていきましょう!
2011.02.11(22:02) / URL / ミライ / [ Edit ]

こんばんは。
ミライさんのタキサンは、パクリタキセルですか?ドセタキセルですか?
パクリの方が、しびれが強く出るらしいと聞いたのですが。私は、ドセの予定です。
明日から、FEC100が始まるので、今日はブルーですわ・・・。FEC→Tです。

アメリカでは、FECはもう流行らないのでしょうか?アメリカ在住の方のブログにはあまり出てこないような気がします。
私の先生は、FECか、ACぐらいしか選択肢を出してもらえませんでしたが・・・。

ま、先生がこれが一番というのでやってみます。
がんばって、最後に歌うよーん!!!

では、早く体調が回復することをお祈りしています!

2011.02.13(02:29) / URL / ユメ / [ Edit ]

Re: No title

++ユメさん++

私が受けたのはタキソテール(ドセタキセル)です。
私の場合、FECは選択肢にありませんでした。
アメリカでどの位の人がFECを受けているのかは分かりませんが、私はACまたはTCを勧められ、ドクターがACは心臓への負担が大きいからTCを勧めると言われました。
セカンドオピニオンでも同じようにTCを勧めると言われたので、そのまま素直に受け入れました。
FECよりTCの方が吐き気などの副作用は軽いと聞きました。
実際に私もムカムカ感はあったけど吐くことは一度もありませんでした。

自分が納得して信頼できる先生の進める療法を信じるのが一番だと思います。
不安も沢山あると思いますが、1つずつ乗り越えていってくださいね。
明日の一回目の投与が無事に終わりますように。
投与後は無理をしないでゆっくり体を休めてくださいね。

2011.02.13(17:27) / URL / ミライ / [ Edit ]

ミライさん、その後しびれはとれましたか? 副作用は本当にいやですよね。 私のブログにLAのナースから素敵なコメントいただいたんです。そのブログの記事素晴らしかったのでぜひ読んでください。
がんばってくださいね。
2011.02.18(02:32) / URL / tomotan / [ Edit ]

++tomotanさん++

心配してくれてありがとうございます。
痺れはまだ変わらず残っています。
あと蕁麻疹も一日に一回は必ず出てくる状態で、まだまだ薬が体に残っているようです。
またtomotanさんのブログも覗きに行きますね。
2011.02.20(21:57) / URL / ミライ / [ Edit ]

Profile

ミライ

Author:ミライ
横浜出身
アメリカシアトル在住

■ 2010年8月
42歳で浸潤性乳管がん Stage IIbとの診断を受ける。
タイプ:ER(+) PR(+) HER2(-)

■ 2010年10月
右乳房全摘手術

■ 2010年11月~2011年2月
Chemo Therapy(TC療法)

■ 2011年02月~現在
ホルモン治療中

Calendar

03 | 2017/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Latest Journals

Latest Comments

Monthly Archive

Category

Link

Blog Ranking


辛かった時、ここで一緒に闘っている仲間に助けられながら乗り切りました。

応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

Mail Form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Counter

QR Code

QR

Search Form

Display RSS link.

Powered by FC2 BLOG

Let's start blogging!!

Powered by FC2 Blog