未来を見つめて・・・
42歳で乳がん告知(Stage II-b)。米国シアトル在住のサラリーウーマンが、乳がんと闘う記録。





2011.05.02 不妊について


ホトフラ あぁ~うざったい!

抗がん剤を始める前にDr.Chenから抗がん剤で卵巣が抑制されて排卵機能がなくなる可能性があると言われた。
私の年齢からしてそのまま閉経してしまう場合もあるし、回復するかもしれない。
でも、もし将来子供が欲しいと思っているなら、健康な卵子を取り出しておいたほうが良いと言われた。


今までとにかく突っ走って生きてきて、結婚してからも色々あり、私は子供が欲しいと思いつつ子作りは後回し(?)にしてしまい、この年まで子供を作らずに来てしまった。
Rが子供を欲しがらなかったから、いつの間にか私もそれでもいいかなぁ~と思っていたつもりだった。
心のどこかでやっぱり子供が欲しいと思うこともありながら、だんだんとRと2人だけの自由な生活が心地よくなっていた。

周りの同僚や友人が次々とママになっていくのを見て、羨ましいなぁ~と思いつつ、好きなだけ仕事が出来て自由な時間がある生活を諦め切れなかったのも事実。

隣の芝生は青く見えるからね。(苦笑)

でも自分が病気になってみて2度と子供が出来ないと言われたら、やっぱりこの年になっても子供が欲しかったと心から思った。
って、今頃思っても遅すぎるんだけど。


ここに書いたのはあくまでも私の個人的な考えです。
でもこれを読んで気分を害する人もいるかもしれません。
ただ告知直後に感じた自分の素直なその時に気持ちを残しておきたかったので書くことにしました。


←and more
No.58 / つぶやき / Comment*18 // PageTop


Comment Post

Name:
Subject:
E-mail address:
URL:

Edit password:
Private comment:Only the blog author may view the comment.


いつも読ませていただいてます。
私も8月に告知を受け、現在ホルモン治療中です。
結婚して13年、子供はまだいいかな~と夫婦2人の生活を楽しんでいました。
いざ、子供がほしいと思ったときは、主人が病気になり、次に私の乳がん・・
ミライさんと同じように色々考えましたが、私も卵子凍結はしませんでした。
子供ができない運命、つくらないほうがいいよ・・というこだったのか。
今は、夫婦2人でしかできないこと、楽しいことを見つけていきたいと思っています。
以前、シアトルにイチローの試合を観にいきました。
とてもいいところですよね。うらやましいです。
あ~、また行きたくなりました!
私もホトフラに悩まされています・・
お互い、がんばりましょうね!
2011.05.03(01:20) / URL / ゆみりん / [ Edit ]

卵子の冷凍保存のことは私も考えましたが
結局、卵子を残すことをしませんでした。
ないとなると寂しいものだけど、う~~ん。

この年になったのと、自分自身の子供は授かれなくなって
妙によその子供がかわいく見えたり
こども服を見たりすると後ろめたいような
後悔のような気持になるけれど
もうしょうがないものね。
でも、かっこいい男の子を育ててみたかったなぁ(笑)
2011.05.03(01:24) / URL / さち / [ Edit ]

Only the administrator may view.

Only the administrator may read this comment.
2011.05.03(05:02) / / / [ Edit ]

★ゆみりんさん★

初めまして。
いつも読んで頂いていたなんて嬉しいです。
さらにこんな何を言いたいのか分からないような記事なのに、コメントありがとうございます。
同じ様に感じてる仲間がいるんだと思うと、とっても嬉しいです。

告知の時期も同じ頃だったんですね。
乳がんになったのも運命で、子供ができなかったのも運命なのかな?
私は結婚して14年です。
ゆみりんさんと同じ様に、子供はまだいいかなぁ~といってる間に14年も経ってしまい、気がついたらこんなコトになってました。
周りで可愛い子供に囲まれて幸せそうな友人や同僚を見て、自分は乳がんの手術を受け方胸を失い抗がん剤でハゲにはなるし、ちょっといじけてるのかもしれません。(苦笑)
ゆみりんさんのおっしゃるように、これからは夫婦2人でしか出来ない楽しみを見つけて楽しもうと思います。

シアトルにいらしたことがあるんですね。
シアトルは夏は天気が良く気候も過ごしよくて良いところです。
イチローは私もいつも応援していますが、マリナーズは最近負けてばっかりで、すっかり試合を見に行くことも少なくなりました。

また気軽にコメントしてくださいね~。
ホトフラはうざいけど、一緒にこれからも頑張りましょう。
2011.05.03(21:15) / URL / ミライ / [ Edit ]

★さちさん★

コメントありがとうございます。
さちさんも、同じ様な状況だったんですね。

この年、とってもビミョウですよね。(笑)
40になるまでは周りから「お子さんはまだなの?」と言われるたびにブルーになったり内心「ほっといてくれ」と思ったりしてました。
40過ぎて周りからあまり聞かれなくなったら、それも結構寂しかったりしてね。

さちさんはかっこいい男の子希望だったのね。
私もどちらかと言ったら男の子かな~。
って今頃言っても遅いけど。
私はまだ気持ちにキリが付いてないので、今でも考えると「あ~ぁ」って思っちゃうんです。
イジイジしててもどうにもならない事なんだけどね。
きっとこれも時間が解決してくれるのかな。
2011.05.03(21:29) / URL / ミライ / [ Edit ]

★鍵コメYさん★

違った目線からの貴重なコメントをありがとうございます。
そう言ってもらえるとちょっと気持ちが救われました。
これからの人生、お互いに後悔のないように楽しみましょうね!
2011.05.03(21:39) / URL / ミライ / [ Edit ]

私達夫婦にも子供がいません。
乳がんになって、乳がんになられた方のサイトを読んだりしました。「小さい子供を見て、乳がんと戦わないといけない!」と思ったという方が多く、子供のいない私は何の為に誰の為に乳がんと闘わないといけないのかと、考えた時がありました。これからの長い治療を考えると落ち込んでいました。

しかし、そんな事を考えた時に起きた日本の大地震。報道される信じられない映像を見て、「私の乳がんなんて、先が見える治療。被災した人達に比べたら私の乳がんなんて大したことないし!」と思いました。
自分のおかれてる状況に、甘えてるだけだった自分に気が付いたのです。今、私は被害地でがんばってる人に本当の勇気をもらってます。

とは言え、脱毛が始まって落ち込み気味なんですけどーーーー!(苦笑)
2011.05.03(23:03) / URL / pahoe / [ Edit ]

こんばんは。

葛藤があったのですね。
しかも治療が始まるまでの短期間に。
私はご存知のように子どもがいますが、同じ女性としてミライさんの気持ち痛感させられました。
だけどこうやって気持ちを書けるようにようになったこと、良かったなぁ~と思いました。
この病気の憎いところは「女」をストップさせられるところ。
ホルモン療法は特にですよね。

何が正しいかは分からないけど、ミライさんが「これで良かった」と思える生き方にしていくんですよね。
きっと今までもそうだったと思います。
自分が選択したこと、それが最高の選択だったといえる生き方を今後もしていきたいですよね。
治療方針をはじめ、今後の生き方まで選択が盛りだくさんです。
忙しい~。
正直[��ʸ��:i-184][��ʸ��:i-195]ありますが、「欲」は大切です。貪欲にいきましょうよ。
本当に「生きる」ということは大変で重たいんですね。
2011.05.04(06:08) / URL / もこもこ / [ Edit ]

人は人 自分は自分

結婚して30年になります。
不妊の原因が私ではなかったので治療方法も限られて子供には恵まれませんでした。
37歳で子宮頚がんで子宮を全嫡し、また乳がんにもなりました。
今ほど自由な生き方が認められていなかったから、色々辛い事もありましたが、
私は子供がいないことを自ら選び取ったのだと思って生きてきました。
産みたい人は産めばいい、育てたい人は育てればいい。
ただそれだけよ。

昔、幼稚園バスを待っていたお母さんに最近言われましたよ。
「いいわね~~お宅は子供いなくて!!お金があるでしょ」ですって!!笑
子供一人に3000万。二人で6000万。
宝くじにでも当たったと思って楽しく生きていきましょう!!
2011.05.04(18:50) / URL / すみれ / [ Edit ]

★pahoeさん★

コメントありがとうございます。

>>子供のいない私は何の為に誰の為に乳がんと闘わないといけないのか...

私も同じ気持ちでした。
自分を可哀想がってただけなのかもしれません。

確かに突然の震災で家族を失った方や現在も被災地で頑張っている方たちに比べたら、温かい家で寝心地の良いベッドで寝られるだけでも感謝するべきですよね。
病人のわりには乳がん患者って結構元気だし。(苦笑)

もっと前向きに夫と自由な時間を楽しもうと思います。

脱毛が始まったんですね。
凹む気持ち、良~く分かります。
抜け始めはきりがないですが、必ずまた生えてきますから、しばらくの間はお気に入りのウィッグや帽子でお洒落を楽しんでくださいね。
2011.05.04(20:53) / URL / ミライ / [ Edit ]

★もこもこさん★

コメントありがとうございます。
もこもこさんのコメントを読んで、何だかとっても考えさせられました。

はい、葛藤がありました。
しかも結婚して14年もず~っとうだうだ考えてても決心がつかなかった事なのに、まだ術後の傷も治ってない時に切羽詰って「今すぐ決めないともう時間がないから!」って言われてもね・・・。
やっと少し落ち着いて、これも運命だったのかもと思えるようになったのかもしれません。
こうしてココに書いたことも自分の気持ちの1つの区切りなのかな?

>>この病気の憎いところは「女」をストップさせられるところ。
本当にその通りだと思います。
これでもかっ!ってくらい、次から次へと「女」を奪われて行きますね・・・。

自分がおばあちゃんになった時にしわくちゃな顔で笑っていられるように頑張りたいと思います。
2011.05.04(21:12) / URL / ミライ / [ Edit ]

★すみれさん★

初めまして。コメントありがとうございます!

結婚30年、素晴らしいですね!
約50%の離婚率があるアメリカでは、車を買い替えるようにパートナーを変える人もいるので(笑)30年といったら快挙です。

>>私は子供がいないことを自ら選び取ったのだと思って生きてきました。
すみれさんはご主人と今まで充実した人生を歩んできたからこそそう思えるんでしょうね。
私はまだそんな域まで達していませんが、いつかそう思えるようになりたいと思います。

子供1人に3000万ですか・・・。(汗)
世の中のお父さんもお母さんも大変な思いをしてるんですね。
その分自由な時間と好きに使えるお金があってラッキーと思ってこれからも夫と2人で楽しんでいこうと思います。
2011.05.04(21:30) / URL / ミライ / [ Edit ]

取り戻すぞ~女力!

ミライさんの記事を読んでずっとずっと考えてました。

子供が居るってどういうことだろう?

居なかったらどうなっていただろう?

子供がいて悩むことが沢山ありました。
子供を得た事で失った事も沢山。
若さや、お金や、夫や友人との濃い時間、
自分のキャリア。

結局、すみれさんのおっしゃるとおり
一通りしかチョイス出来ないのだから
誰でも自ら選び取った時間を精一杯
満足のいくものにするしかないんですね。
子供が居ても居なくてもね。

それにしても短い時間に重大な決断を
迫られるなんて・・・つらかったですね。
本当にガンは憎しです。
胸も髪も肌のハリも奪われたけど
女力を必ずや取り戻しましょうね!


2011.05.05(22:47) / URL / 空いあお / [ Edit ]

こんばんは~

こんばんは~
大きな葛藤乗り越えてこられたんですね
自分で納得して決められることが一番大事ですよ

私の場合、がんと分かったとき、息子は11歳
彼にはそのとき「がんである」という話をしたのですが
彼が私の病気を理解し、受け入れる過程を見ると
正直、私が死んでももう彼は彼で生きていける年齢に達したのだな、と思ってしまった次第です
今は中学生になってしまったので
ますますその思いは強いです

子どもは成長します(それもすぐ 笑)
子どものために何が何でも生きなくちゃ
という時期は案外短いものかな、と思います

2011.05.06(06:04) / URL / 那由他 / [ Edit ]

☆ 空いあおさん ☆

コメントありがとうございます。

何が正しいチョイスなのかまだ私も分かっていません。
周りがみんな普通に子供を産んで母親になって行くのを見て、羨ましいと思ってしまう自分と、自由な生活を楽しみたいと思う自分。
結局ないものねだりなのかな~とかね。

しかも突然のガンの告知と一緒に不妊の告知を受けて気が動転してショックだったのも確かです。

これから自分ができる事を目一杯エンジョイして、女を取り戻しましょうね!
2011.05.06(20:36) / URL / ミライ / [ Edit ]

☆ 那由他さん ☆

こんばんわ。コメントありがとうございます。

息子さんに病気の事を話すのもすごく勇気がいったと思います。
息子さんなりに色々考えたんでしょうね。
その気持ちを思うと胸が痛みます。
現実を受け止めて一回り成長した息子さん、頼もしいですね。

自分がおばあちゃんになるまで生き延びたら、その時に「良い人生だった」って思えるように生きていきたいと思ってます。
2011.05.06(20:45) / URL / ミライ / [ Edit ]

おひさしぶりです。

内容の濃い記事でした。私も那由他さんとまったく同じ気持ちでした。告知時に11歳。主人もわりと信頼できるし、私がいなくてもきっと真っ直ぐ生きていけるなーと思った。

子供は生んでもアッという間に成長してしまい、また夫婦二人に戻る。子供といる時間は夫婦の時間に比べたら人生の中で短いのかもしれません。夫婦で一緒にやれることを少しずつ増やしていかないとなーと最近思います。
2011.05.11(01:40) / URL / hope122 / [ Edit ]

☆ hope122さん ☆

お久しぶりです。コメントありがとうございます。
hopeさんのお子さんも告知時はまだ小学生だったんですね。
男の子はあまり感情も表に出さないだろうし、病気の事を話すのもきっと大変な事だったと思います。

確かに子供は成長していつか巣立っていくもので、結局は夫婦2人の生活に戻るんですよね。
告知当時はこんな病気になっちゃって、胸もなくなり髪の毛もなくなり、さらには子供が産めない体になってしまうなんて、何だか自分がすごく惨めで動揺してました。

今はこうして元気に普通の生活が出来ていることだけでも有難いと思ってます。
そしてやっぱり私にはこの自由な時間のある生活があってるのかもしれません。
夫には老後の世話もしてもらわなきゃいけないので、これからはもっと大事にしてあげなきゃかな??(笑)
2011.05.11(21:31) / URL / ミライ / [ Edit ]

Profile

ミライ

Author:ミライ
横浜出身
アメリカシアトル在住

■ 2010年8月
42歳で浸潤性乳管がん Stage IIbとの診断を受ける。
タイプ:ER(+) PR(+) HER2(-)

■ 2010年10月
右乳房全摘手術

■ 2010年11月~2011年2月
Chemo Therapy(TC療法)

■ 2011年02月~現在
ホルモン治療中

Calendar

03 | 2017/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Latest Journals

Latest Comments

Monthly Archive

Category

Link

Blog Ranking


辛かった時、ここで一緒に闘っている仲間に助けられながら乗り切りました。

応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

Mail Form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Counter

QR Code

QR

Search Form

Display RSS link.

Powered by FC2 BLOG

Let's start blogging!!

Powered by FC2 Blog