未来を見つめて・・・
42歳で乳がん告知(Stage II-b)。米国シアトル在住のサラリーウーマンが、乳がんと闘う記録。





2011.05.12 クン その後


数日前にクンの血液検査の結果が出て、FIPという病気であることが判明。

ググッてみたら日本語では猫伝染性腹膜炎という病気らしい。
ウィルス性の病気で、主に子猫から3歳くらいまでの猫に発生する確率が高い病気で、現在は治療法はなく不治の病。

ネットで英語と日本語両方で少し調べてみたんだけど、どのサイトを見ても良い事は書いてないのでさらに気持ちが落ち込むので調べるのはやめた。


クンはまだ1歳半くらいなので、血液検査の結果待ちをしている間はまだ若いしすぐに回復するはず・・・と思っていた。
抗生物質(?)の薬をあげたら少しは食欲が出てご飯も食べ始めたんだけど、やっぱり元気がない。

そしてドクターから電話で検査の結果を聞いた。
あとどの位時間があるのかは分かりません・・・と言われてしまった。

自分が乳がんの告知を受けたときよりショックだった。
まだ2歳にもなってないのに・・・こんなのあり?

ウチの猫たちは外には出ないので、きっと生まれてすぐの頃(ウチに来る前)に感染したんじゃないかとドクターは言っていた。
他の猫に感染する、または既に感染した可能性もあるけれど、多分大人なので大丈夫らしい。
ウィルスに感染してもFIPが発病しない場合もあるらしい。


もし本当に神様が存在するとしたら、神様は本当に意地悪だ。
自分の病気が分かったときも同じ様に「なんで私がこんな目に合わなきゃいけないの?」と思ったけど
一体クンがこの短い人生で何をしたと言うんだろう?
He doesn't deserve this...

覚悟をしなきゃいけないのは分かってるんだけど、まだ自分の気持ちの整理がつかないよ。
ちょっとでも頑張ってご飯を食べようとしたり、お兄ちゃんと寄り添ってる姿をみると、まだ諦めがつかない。
クンが頑張ってる間は諦めちゃいけないような気がして・・・。

でも苦しんでいるなら楽にしてあげたいとも思う。


動物とはいつか別れが来るのは仕方のないことだけど、何で一番若くてやんちゃな末っ子のクンなの?

私はこんなに元気になったのに・・・

順番が・・・間違ってるよ。



ポチッとよろしくお願いします♪
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
No.61 / 生活&仕事 / Comment*18 // PageTop


Comment Post

Name:
Subject:
E-mail address:
URL:

Edit password:
Private comment:Only the blog author may view the comment.


酷すぎます

FIP、猫伝染性腹膜炎って始めて聞きました。
まだ2歳なのに可哀相すぎるます、クン君もミライさんも。
どうしたらいいんだろう。
きっと痛みもあるのよね。
考えてしまいます。
やっと回復してきたミライさんに酷過ぎる展開で・・・
Life is not fair・・・

ウチのソラも今、皮膚病で太ももの付け根がビラン化しているの。
手術以来、下痢やら皮膚病やら続いています。
薬もスグに舐めちゃうので再度エリザベス・カラー装着。
アレはストレスがひどいのよね。
見ていて可哀相。
でも抗生剤を舐めちゃうのは困るので仕方ありません。

家族が病気になるのは自分の事以上に苦しいですよね。
言葉の掛けようもありませんがどうか元気を出してくださいね。

2011.05.13(00:08) / URL / 空いあお / [ Edit ]

私も、なんと言っていいか分かりません。
どこそこが苦しい、痛いと伝えられない
動物たちの病や怪我との対峙は心底辛いです。
奇跡を祈ります。
2011.05.13(05:42) / URL / yannchan / [ Edit ]

悲しすぎます

結果わかったのですね。

あんなに小っちゃくて可愛いクンちゃんが
なぜそんなにたいへんな病気になっちゃうの?

苦しんでいる姿を見るのは親としては辛いですよね。
私も奇跡が起こるよう祈ってます。
2011.05.13(07:07) / URL / 池のうさぎ / [ Edit ]

ミライさん、大丈夫?
大切な家族でまだ小さいのに病気になってしまって
ほんとに辛いよね。
考えてしまうだろうけど奇跡を信じて。
私も祈ってます。 元気出してね。
2011.05.13(18:48) / URL / さち / [ Edit ]

☆ 空いあおさん ☆

コメントありがとうございます。
私もFIPという病気は初めて聞きました。
予防注射もないし発病後の治療法も現時点では見つかっていないので、全く手の施しようがないそうです。

本当にLife is not fair.
代わってあげたいくらいです。
今はまだご飯も食べてるしもう少しだけ、様子を見ています。

ソラちゃんまたエリザベスカラーですか。可哀想に。
あれっをつけてる時ってドアとか壁にぶつけて首が鞭打ちになっちゃうんじゃないか?って思うときありませんか?
ウチの子はしょっちゅうあちこちにゴツンとやってました。
ソラちゃんも早く良くなりますように。
2011.05.13(21:25) / URL / ミライ / [ Edit ]

☆ yannchanさん ☆

術後で体が大変なときなのに、コメントありがとうございます。
体調はいかがですか?
でもPC使えるほど回復して良かったです。

動物は痛いとか苦しいとか言えないからね。
やっぱり苦しいんだろうなぁ~と思うと可哀想です。

私も奇跡が起こってくれると信じたいです。
ありがとう。
2011.05.13(21:29) / URL / ミライ / [ Edit ]

☆ 池のうさぎさん ☆

心配してくれてありがとうございます。
獣医学はやっぱり人間の医学より遅れているし、調べていないから分からないけど発病する確率はかなり低いんだと思います。
でも症状を抑える薬も何もないと言われたときはかなり驚きました。
所詮ネコだから・・・?悲しいけどそれが現実のようです。

私もあと少しだけ、奇跡を信じたいと思ってます。
2011.05.13(21:34) / URL / ミライ / [ Edit ]

☆ さちさん ☆

さちさんは体調いかがですか?
投与後でしんどい時なのに、コメントありがとうございます。
私は大丈夫です。
奇跡を信じます。
ありがとう。

さちさんもお大事にして下さいね。
2011.05.13(21:41) / URL / ミライ / [ Edit ]

だいじょうぶですか、、?
すごくショックです。
うちの猫も1歳ちょっとなので、若いですよね、まだ。
心配ですね。薬などはないんでしょうか?

2011.05.13(23:36) / URL / Tomotan / [ Edit ]

お辛いでしょうね・・・

そんな病気があること自体驚きでした。
あんなかわいいクンちゃまが、病と闘っているかと思うと胸が痛みます。
看ているミライさんもお辛いでしょうね。
ネコちゃんは話が出来ないから、痛いとか言ってくれたらいいのに、はがゆいですよね。
おー、悲しすぎます~。
頑張ってる、クンちゃまのことを思って寝ます。
おやすみクンちゃま。
2011.05.14(08:19) / URL / ユメ / [ Edit ]

☆ tomotanさん ☆

心配して頂いてありがとうございます。
まだ若いから回復すると信じてたんですけど、このFIPという病気は発病してしまうと治療法はないそうです。
予防注射もまだ開発されていないので、悲しいですが運しかないようです。
ガンになった自分がこんなにピンピンしてるのに、皮肉ですよね。
痛いとか苦しいとか言えないから、きっと我慢してるんだろうな~と思うとすごく可哀想です。
2011.05.14(19:42) / URL / ミライ / [ Edit ]

☆ ユメさん ☆

私も猫特有の不治の病があるなんて初めて聞きました。

自分が抗がん剤の副作用で苦しんでた時は、ココが痛いとか気持ち悪いとか夫や主治医に文句言いまくってたのに(苦笑)こんなに小さい体で文句も言わずに病気と闘っているのを見ると、とっても心が痛みます。
ユメさんがクンの事、思ってくれただけできっと喜んでます。
ありがとう。
2011.05.14(19:47) / URL / ミライ / [ Edit ]

はじめまして

はじめまして、ずっと読み逃げばかりしていてごめんなさい
猫ちゃん心配ですね、不治の病があることすら知りませんでした

今頃のシアトルは雨の季節も終わっていい季節になってきたでしょうか
私がシアトル近郊にいたころ…それはもうかなり昔ですが…
マリナーズの本拠地がセーフコではなくキングダムだったから…
スタバもまだ会社すらなかったし(笑)
でも私にとってシアトルは第2の故郷みたいなところです
ミライさんがシアトルに20年もいらっしゃると知ってうらやましいような気がします
またこちらにお邪魔させていただきますね♪
2011.05.15(17:15) / URL / nana / [ Edit ]

クン君は、頑張れる!

悲しい検査結果が来てしまったんですね。
ネコって人間の気持ちをとてもよくわかるんですよね。去年、私達夫婦にとって、とても大事な友が32歳と言う若さで急死した時、私達毎日泣いてたんです。うちのネコがそれをそっくり感じ取っていたようで、彼女病気になってしまったんです。実はいまも薬を飲んでます。今はきっと私のせいだと思うんですが(苦笑)
なのでミライさん、クン君は治らないって絶対思わないであげてください。クン君がミライさんの家に来たように、きっと強い強運を持ってますよ!頑張ってくださいね☆
2011.05.15(22:30) / URL / pahoe / [ Edit ]

☆ nanaさん ☆

ご訪問&コメントありがとうございます。
今までも読んでいて下さったなんて嬉しいです。
私も何度もnanaさんのブログ読み逃げしていました。
なのでお互い様です。(^^)
ウチの息子の事を心配して頂いてありがとうございます。
まだとりあえず頑張ってます。

シアトルは今年はまだ肌寒い日が続いてます。もう5月なのに!
スタバが出来る前といったら、nanaさんがこちらにいらしたのはきっと私がシアトルに移る前ですね。
もしシアトル訪問の機会があれば、ぜひ知らせてくださいね。
ブログにもまた私も遊びに行かせて頂きます。
これからもどうぞよろしくお願いします。
2011.05.16(18:57) / URL / ミライ / [ Edit ]

☆ pahoeさん ☆

体調はいかがですか?

ネコって犬よりそっけない感じだけど、実はsensitiveなんですね。
pahoeさん家のネコちゃんも色々とあったんですね。
クンはまだ頑張ってます。
だからもう少し私も頑張ろうと思ってます。
応援ありがとうございます。
2011.05.16(19:03) / URL / ミライ / [ Edit ]

そうだったの。

調べないと病気は分からないし、分かるんだったら治療法が欲しいし・・・。
他の人がとか、ほかの猫ちゃんが。。。とは思わないけど、やっぱ理不尽だよね。

今、そこで一生懸命生きてる姿をみてるとたまらないでしょう。
でもクンちゃんは、ミライさんの元を選んだんでそこにきたんでしょうから、時間のある限り過ごしてあげてくださいね。
人間であろうが、動物であろうが「縁」あってのもの。
たくさん元気をもらって、たくさん元気をあげてくださいね。
2011.05.17(20:31) / URL / もこもこ / [ Edit ]

☆ もこもこさん ☆

動物の生きようとするパワーはすごいな~と思います。
クンにもう頑張らなくていいんだよって言ってあげたいくらい頑張ってます。
見ていて自分もこの位必死で生きなきゃと思います。

心配して下さってありがとうございます。

もこもこさんは放射線が始まったんですね。
頑張って下さいね。
2011.05.20(11:08) / URL / ミライ / [ Edit ]

Profile

ミライ

Author:ミライ
横浜出身
アメリカシアトル在住

■ 2010年8月
42歳で浸潤性乳管がん Stage IIbとの診断を受ける。
タイプ:ER(+) PR(+) HER2(-)

■ 2010年10月
右乳房全摘手術

■ 2010年11月~2011年2月
Chemo Therapy(TC療法)

■ 2011年02月~現在
ホルモン治療中

Calendar

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Latest Journals

Latest Comments

Monthly Archive

Category

Link

Blog Ranking


辛かった時、ここで一緒に闘っている仲間に助けられながら乗り切りました。

応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

Mail Form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Counter

QR Code

QR

Search Form

Display RSS link.

Powered by FC2 BLOG

Let's start blogging!!

Powered by FC2 Blog