未来を見つめて・・・
42歳で乳がん告知(Stage II-b)。米国シアトル在住のサラリーウーマンが、乳がんと闘う記録。





--.--.-- スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011.05.21 旅立ち


今朝、クンが天国へ行きました。

子猫の時にウチに来たのは約1年半前の2009年12月のこと。
15年ちょっと一緒にいた黒猫のミャオクンが2009年の2月にお星様なって、やっとミャオクンがいない毎日に慣れてきた頃だった。

日本から帰ってきて新型インフルにかかったらしくひどい熱で寝込んでいたら、Rがクンを連れて帰ってきた。
どうしたの?と聞くと、「ミャオクンにそっくりでしょ?」と笑顔なR。
聞いてみると、実は母親ネコの飼い主の方が子猫を引き取ってもらう人を探していて、エッセーを書いて応募してその中からあちらが気に入った人に子猫を無料で差し上げますという広告を見つけたらしい。
それを見てRは15年以上飼っていた黒猫のミャオクンが亡くなった事、他のネコもミャオクンがいなくなって寂しがってる事、そしてクンがミャオクンの子供の頃の姿にそっくりだと(いや、黒猫なんだから似てるのは当たり前?!)エッセーに書いて応募したらしい。

そして見事に飼い主の方から「ぜひ可愛がってあげてください」と頂いてきた。

その日からクンはウチの子になった。
新型インフルで高熱で私がベッドでうなってるのなんてお構いなし。
クンは大家族の一番新人のくせして、犬にも他のネコにも物怖じすることなくすぐに『自分のランク』を確立した。

お陰で私は家で安静にしているはずが、久しぶりの「子供」の世話に手を焼いて寝てるどころではなくなった。

まぁ私の熱は無事に下がったんだけど、当時はせめて私が回復するまでもうちょっと飼い主さんに面倒見てもらってよ~と言いたくなるほど、手の焼ける子だった。(苦笑)

いない?と思ったらレースのカーテンをよじ登ってカーテンレールの上にいたり、一日に一回はガシャーン、バッタンと何かしら落とす&壊すが当たり前になった。
高いところが好きで、いつも『上』を向いてどうやってココへ上ろうかと企んでるような子だった。


いたずらっ子で元気一杯だったのに、病気が分かってからは全く元気がなくなってしまった。

最後まで本当に頑張った。
もう頑張らなくていいよ・・・って言ってあげたいくらい、クンは小さい体で病気と闘おうと頑張っていた。

見ていて自分もこの位必死で生きなきゃ・・・って思った。

クン、やっと楽になれたね。

短い間だったけどウチの子になってくれてありがとう。
クンも幸せだったかな?
そう思いたい。


私もこれからクンを見習って、『上』を向いて生きていくよ。
これからはロッキーとミャオクンと一緒に空から見守っていてね。


ポチッとよろしくお願いします♪
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

No.62 / つぶやき / Comment*16 // PageTop


Comment Post

名前:
Subject:
メールアドレス:
URL:

パスワード:
非公開コメント:管理者にだけ表示を許可する


こんなは早くクン君が逝ってしまうなんて思いませんでした。
私までショックです。
でも、ヤンチャだったクン君は、短かった人生も楽しく思いっきり遊んで旅立ったんですね。
そしてたくさんのミライさんの愛情を感じて、ミライさん家の子になれた事を感謝していると思います。
空に行ってもお友達が待っててくれるんだったら、さみしくないですね。
きっとクン君、虹の橋を渡りながら上向いて歩いてますよ☆
2011.05.21(19:34) / URL / pahoe / [ Edit ]

早すぎます。

最近、更新がないので心配していました。
子猫を連れて行ってしまうなんて、恐ろしい病があるのですね。
クンちゃん、ミライさんのおうちで、とっても幸せだったと思います。
ご冥福をお祈りいたします。
(いい言葉、見つからず・・・。)
お空の星になったと思って、空を見ます。
2011.05.21(20:15) / URL / ユメ / [ Edit ]

☆ pahoeさん ☆

本当にあっという間でした。
FIPのウィルスを持っているだけなら大丈夫だったんだけど、発症してしまうと何も出来なかったからね。
短い時間だったけど、ウチの子で良かったって思ってくれてたら嬉しいな。
今はまだ実感がなくて、またどこかでガシャーンと物を落とす音がする気がしちゃう。(苦笑)
でもきっとお兄ちゃん達が虹の橋で面倒見てくれてると信じてます。
2011.05.21(20:59) / URL / ミライ / [ Edit ]

☆ ユメさん ☆

心配してくれてありがとう。
人間の医学より獣医学(特にネコは)遅れているから仕方ないんだけど、どこか痛かったり苦しかったなら少しでも痛みを和らげてあげられれば良かったのに・・・と思います。
夫がエッセーを書いて選んでもらってウチの子になったんだから、きっと縁があったんだと思います。
クンのお陰で我が家には笑いが増えました。
2011.05.21(21:07) / URL / ミライ / [ Edit ]

悲しいです

クンちゃんのお世話の毎日だったのね。
こんなに早いとは…、私も悲しい…。
でも、
ミライさんちで、たくさんの家族と一緒に
過ごすことができたクンちゃんは
本当に幸せだったと思いますよ。
パパやママからとっても可愛がられて。
きっと天国から見守ってくれていますね。

ミライさんも、看病疲れが出ませんよう、
お身体に気を付けて下さいね。
2011.05.22(00:25) / URL / 池のうさぎ / [ Edit ]

祈ります

私も、クンちゃんの看護で更新がないのだと思ってました。
お星様になってしまったのねお悔やみ申し上げます。
言葉で痛みや苦しみが伝えられないのは本当に可哀想だけど、動物同士だったら通じ合えているのかな。
いや人と動物も通じ合えている瞬間がありますよね。命と命の邂逅。
出会えた時間は煌めきの時でしたね。
2011.05.22(04:47) / URL / Yannchan / [ Edit ]

あたしも、ミライさん更新無いからクンくん大丈夫かなと思っていました
こんなに早くなんて・・・とても悲しいです
クンくん、一生懸命頑張ったんだね
短い間だったかもしれないけど、選ばれてミライさんちにやってきたんだから
幸せだったに決まってます
こんなに思ってくれてるミライさんが、お母さんだったんだもん
天国から『ママ、ぼく、みんなと一緒にお空から見てるからね』
って言ってますよ
2011.05.22(05:40) / URL / ayaya / [ Edit ]

残念です

とうとうクン君、天国へ行ってしまったんですね。
あんなに可愛い子が・・・悲しいです。
ミライさんやご主人様の気持ちを思うと掛けるべき言葉も見つかりません。
クン君は家族に見守られて幸せだったんだろうなと思います。
不安もなく安心して眠れたのでしょう、そう思います。

クン君の魂が安らかでありますように。
ミライさんご夫婦が一日も早く悲しみから癒されますように
遠い日本の空から祈っています。
2011.05.22(09:56) / URL / 空いあお / [ Edit ]

☆ 池のうさぎさん ☆

暖かいコメントありがとうございます。
看病と言っても大したことはして上げられなかったんだけどね。
苦しかったのはきっと短い間だったから、それだけが救いです。
他の子供達もクンがいなくなってしまったのが分かるようで、寂しそうです。
でも私達は他の子供達に助けられてます。
2011.05.22(12:33) / URL / ミライ / [ Edit ]

☆ yannchanさん ☆

コメントありがとうございます。
yannchanさんは大分回復したようですね。

短い時間だったけど、私達はクンがウチに来てくれて幸せでした。
他の子供達も分かってるみたい。
一番仲の良かったお兄ちゃんネコは前日の夜も寄り添ってクンを一生懸命なめてました。
今は他の子たちがいるお陰で、私は助けられてます。
動物って絶対裏切らないし、無償の愛をくれるからね・・・。
人間も見習わなきゃなって思いました。
2011.05.22(12:41) / URL / ミライ / [ Edit ]

☆ ayayaさん ☆

心配してくれてありがとう。
看病といってもご飯をあげたりトイレに連れて行ってあげるくらいしか出来なかったけど、長い間苦しまないで済んで良かったのかな・・・と思ってます。
もう最後は頑張らなくていいんだよって言ってあげたいくらい頑張ってたから。
意外と頑固者でした(苦笑)>クン

私も天国から見守ってくれてると信じてます。
2011.05.22(12:47) / URL / ミライ / [ Edit ]

☆ 空いあおさん ☆

コメントありがとうございます。
動物とはいつか別れが来ると頭では分かっていても、やっぱり心にポッカリ穴が開いたような感じです。
あまりに急で一番若いクンがいなくなっちゃうなんて思ってなかったから。
他の子供達も今まではクンにいたずらされてうざったそうにしてたのに、ちょっと寂しそうです。
でも、私達は他の子供達に救われてます。
いつか虹の橋で会えるまで、頑張って上を見て行こうと思います。
2011.05.22(12:53) / URL / ミライ / [ Edit ]

あまりに早い旅立ちで驚いています。
最期を看取って送り出すのはとてもつらかったでしょう。
クンちゃん短い人生だったけど
ミライさんご夫妻のおうちの子で幸せだったんじゃないかな。
何て言っていいのか言葉がみつからないけど
ミライさん、元気出してね。
2011.05.22(22:01) / URL / さち / [ Edit ]

あまりにも早い旅立ちでショックでした。 とてもつらいと思うけど、、でももう苦しまなく良いよね、。 
ミライさんのところに来られて愛されてよかったと思います。
良い言葉がうかばない。
ただただ、安らかに眠って欲しいです。
そしてミライさんは早く元気になってくださいね。
2011.05.23(19:09) / URL / Tomotan / [ Edit ]

☆ さちさん ☆

あっという間でした。
でもやっとクンが苦しみから解放されて楽になれて良かったと思ってます。
短い時間だったけどクンがウチに来て幸せだったと思ってくれてたらそれだけで嬉しいです。
私は大丈夫です。
ありがとう。
2011.05.23(21:39) / URL / ミライ / [ Edit ]

☆ tomotanさん ☆

コメントありがとうございます。
しんどそうにして元気がないクンを見てるのは辛かったです。
あんなに元気一杯でトラブルメーカーだったのに・・・。
こんな怖い病気があることは知りませんでした。
今頃きっと天国でまたトラブル起こしてると思います。(^^)
他の子供達が一生懸命私を慰めてくれてます。
2011.05.23(21:46) / URL / ミライ / [ Edit ]

Profile

ミライ

Author:ミライ
横浜出身
アメリカシアトル在住

■ 2010年8月
42歳で浸潤性乳管がん Stage IIbとの診断を受ける。
タイプ:ER(+) PR(+) HER2(-)

■ 2010年10月
右乳房全摘手術

■ 2010年11月~2011年2月
Chemo Therapy(TC療法)

■ 2011年02月~現在
ホルモン治療中

Calendar

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Latest Journals

Latest Comments

Monthly Archive

Category

Link

Blog Ranking


辛かった時、ここで一緒に闘っている仲間に助けられながら乗り切りました。

応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

Mail Form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Counter

QR Code

QR

Search Form

Display RSS link.

Powered by FC2 BLOG

Let's start blogging!!

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。