未来を見つめて・・・
42歳で乳がん告知(Stage II-b)。米国シアトル在住のサラリーウーマンが、乳がんと闘う記録。





--.--.-- スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.11.07 母へ報告


9月4日から約2週間、母がこちらへ遊びに来る事になっていた。

今回の母の滞在は私の病気が分かる前から予定していた事で、私の病気が分かったから慌ててこっちへ来たわけではなかった。

母と私は仲がよい時はとても仲が良いんだけど、私も母も意地っ張りな性格なのと私はどうしても「良い娘」ぶってしまうので、なかなか自分の弱いところを見せられない・・・といか、見せたくない。(苦笑)

だから両親に自分が乳がんにかかってしまった事をどう伝えたらいいのか、かなり迷った。

私は仕事もしているので、自慢できるほど家事はいい加減だ。
幸い文句も言わない夫のお陰で、仕事の帰りに2人で外食してきたりテイクアウトで済ませてしまうことも多々ある。
母にはいつも、もっと毎日の食事をきちんとしなさいとか、痩せなさいとか言われてた。

だからこんな病気になった事を告げたら、アメリカに来て食生活が乱れてるからよ・・・とか、体重管理をしてないから・・・とか、自分が責められるような気がして母の反応を聞くのが怖かった。

勇気を出して、母がこちらへ来る数日前に電話をして、乳がんが見つかったことを話した。
とりあえず今までの経過を冷静に伝えて、まだこれからも検査があるからと言うことだけを話した。

母もきっとショックだったと思う。
でも私と同様、強がりな母は落ち着いた声で「分かった。とにかく今出来ることを頑張って」と言ってくれた。

そして母がこちらへ来てからは、私もまるで何もなかったように振舞っていた。
って言っても、実際に治療が始まってるわけでもないし、手術もしてないので痛みもなく体調は告知前と全く変わってないんだけど。

いつも母が遊びに来ると「良い娘」にならなきゃと、無理なストレスがたまって自分のほうが疲れちゃうんだけど、今回は母も私に対して妙に気を使ってる感じ。
でも、特に母のほうからは何も聞いてこなくて、なんとなくぎこちなかった。

私も最初は乳がんについて何の知識もなく不安ばかりだったから、きっと母も同じように不安な気持ちでいるんだろうと思い、日本語で乳がんとその治療についての情報をプリントしてあげた。

普段あまり感情を見せない母が「変わってあげられるなら変わってあげたいよ」と言ってくれた時、やっぱり親の気持ちってそういうものなんだろうな~と思った。

スポンサーサイト


Comment Post

名前:
Subject:
メールアドレス:
URL:

パスワード:
非公開コメント:管理者にだけ表示を許可する


Profile

ミライ

Author:ミライ
横浜出身
アメリカシアトル在住

■ 2010年8月
42歳で浸潤性乳管がん Stage IIbとの診断を受ける。
タイプ:ER(+) PR(+) HER2(-)

■ 2010年10月
右乳房全摘手術

■ 2010年11月~2011年2月
Chemo Therapy(TC療法)

■ 2011年02月~現在
ホルモン治療中

Calendar

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Latest Journals

Latest Comments

Monthly Archive

Category

Link

Blog Ranking


辛かった時、ここで一緒に闘っている仲間に助けられながら乗り切りました。

応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

Mail Form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Counter

QR Code

QR

Search Form

Display RSS link.

Powered by FC2 BLOG

Let's start blogging!!

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。